【閲覧注意】頭に“王冠”が埋め込まれた顔面奇形の赤ん坊! 誕生前から医師に見放され… 奇形児の出産責任が議論=ベネズエラ

※2頁目以降に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は1頁のみご覧ください。

【閲覧注意】頭に王冠が埋め込まれた顔面奇形の赤ん坊! 誕生前から医師に見放され… 奇形児の出産責任が議論=ベネズエラの画像1画像は、「The Daily Mail」より

 ベネズエラ西部タチラ州サン・クリストバルに住むソリアニス・ルーゴさん(34)は、妊娠4カ月目でスキャンを受けたところ、「生まれてくる赤ちゃんは長く生きられないため堕胎した方がよい」と医師から助言された。しかし、「我が子に生きるチャンスを与えたい」と思って堕胎を拒否。そうして生まれたヘリアニーちゃんは重度の顔面奇形を抱え、頭蓋骨が「頭に埋め込まれた王冠」のようだった。脳や目、鼻も正常に発達せず、口唇は裂けて手足の指にも異常があった。

 心無い人々は、ヘリアニーちゃんを「恐ろしいもの」と考え、「そんなに醜いのなら中絶すべきだったのに」と非難する。しかし、ルーゴさんは、娘への愛情と称賛を滲ませながら、「私はヘリアニーがこの世界に生まれてきて“諦めないことの大切さ”を人々に教えてくれていると信じています」と言う。両親は、娘が歩いたり話したりして自立できるようにサポートすると同時に、将来の外科手術に向けて資金を調達するつもりだという。

【閲覧注意】頭に王冠が埋め込まれた顔面奇形の赤ん坊! 誕生前から医師に見放され… 奇形児の出産責任が議論=ベネズエラの画像2画像は、「The Daily Mail」より

 ルーゴさんは、娘の奇形が明らかになったときのことを次のように語る。

「医師たちは、最初からヘリアニーが長く生きられないと診断していました。彼らはいつも堕胎を勧めてきました。きっとこの子は“植物人間”になると言われましたが、『娘はそうならない』と信じ、彼らを説得しました。娘は刺激に反応したのです。私に話しかけられるとお腹を蹴りましたし、好きな音楽に合わせてたくさん動きました。私は娘に生きるチャンスを与えようと決心し、全身全霊をもって娘を愛しました」

 妊娠39週目で生まれたヘリアニーちゃんの脳は完全に形成されておらず、頭蓋骨内の空洞は体液で満ちているため、脳がさらに損傷を受ける可能性すらある。それでも、ルーゴさんは、王冠を埋め込んだようなヘリアニーちゃんの頭部を見て、彼女が「神秘的な女王」であると考えている。「私は娘の美しさを知っていますし、今でも美しいと思っています。幼い娘は真の戦士です。娘はあらゆる戦いに打ち勝った勝者なんですよ」と言うのだ。

※次頁以降に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?