あなたが知らない“人工知能トラップ”の恐怖! AIスピーカーの誤発注はまだ甘い、5年後から「偶然の出費」が激増する理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
aia_04.jpg
アレクサ内蔵の「Amazon Echo」

 アメリカでこんな事件が話題である。アマゾンが販売するスマートスピーカーに関する事件だ。このスマートスピーカーは、搭載されている人工知能アレクサに向かってお願いをすると、部屋の電気をつけたり、音楽をかけてくれたり、買い物をしてくれる。

 それである家の5歳の女の子がドールハウス(人形の家)を買ってくれとアレクサにお願いしたところ、両親の知らない間にアマゾンからドールハウスが送られてきてしまった。

 事件はこの後起きる。話を聞きつけたテレビのワイドショーがニュースとして報道。その放送の中で意見を求められた番組コメンテーターの女性が、「でも、“アレクサ! ドールハウスを買ってちょうだい”だなんてかわいい女の子ね」とコメントをしたところ、放送の音声を聞いた全米のアレクサが一斉作動してアマゾンにドールハウスの注文が殺到してしまったのだ。

aia_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 今、人工知能がひき起こす事件が話題である。人工知能が搭載された自動運転の実験者が人をはねてしまった事故とか、人工知能によって誤認され逮捕されてしまった男の話とか、人工知能のせいでブラウザ上に買う気のない女性用下着の広告ばかりが表示されるようになった男性の話とか。人工知能が起こす事件を調べると、その大半が「人工知能の頭が悪いから起きる事件や事故」ばかりである。

 こういったレベルで人工知能の頭が悪いのは過渡期における数年間の現象で、今から5年後には同じ用途の人工知能は学習を終えて完成レベルに到達する。人工知能の頭がよくなれば、こういった事件は起きなくなるのだろうか。実はそうではない。

関連キーワード

AI

コメント

1:匿名2018年6月28日 19:20 | 返信

AIを語るなら一側面では物足りないよね
おバカAIも本当、金を使わせるAIも本当、真に警戒すべきは今すでに人類を操っているAI
こと文章や情報を操作する事には既に人類を超越してるであろうAIは、自らを貶め警戒を解く術すら持っているだろうね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。