キムタクの次女Koki,だけじゃない! “2世タレント”っぽさを感じさせない活躍を見せる芸能人3人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

●Taka(ONE OK ROCK)

1806_nisei_03.jpg画像は、「Taka」公式インスタグラムより

 ONE OK ROCKのボーカル・Taka(30)も“実力のある”2世タレント。森進一・森昌子夫妻の息子で元ジャニーズというとんでもない経歴の持ち主だが、ONE OK ROCKは本格的なサウンドが世界中で大好評。2017年にはイギリスやロシア、メキシコなどを巡るワールドツアーも大成功させている。

 アツいロックを鳴らすTakaには、家族想いな一面も。2017年6月に中野サンプラザにて開催された父のコンサートでは、“父の偉大さ、素晴らしさ、優しさを感じている”、“体にはこれまで以上に気を遣って健康第一に”など心温まる音声メッセージを送った。森進一の50周年記念曲「あるがままに生きる」はTakaがプロデュースしているということもあり、同じアーティストとしてお互いを認め合っているようだ。


●佐藤浩市

1806_nisei_04.jpg画像は、「テアトルポッシュ」公式サイトより

 ベテラン俳優・佐藤浩市(57)の父は、奔放な異性関係で知られた三國連太郎。三國の3人目の妻の子として生まれた佐藤だったが、以前から三國との間には確執があると噂されていた。しかし、1996年の映画『美味しんぼ』でついに共演を果たす。

 しかもこの映画で2人が演じたのは、“対立する親子”というピッタリの役柄。現在でもネット上では「これは感慨深かった」「この親子共演は見ごたえがある!」と語り継がれている。ちなみに、佐藤の息子・寛一郎(21)も映画『心が叫びたがってるんだ。』などで俳優として活躍。今年7月公開の映画『菊とギロチン』にも出演する。「寛一郎くんの演技がアツすぎる!」「存在感と演技がさすがだな」と評判なので、こちらも“2世”を感じさせない名優になることを期待したい。

(文=ヤーコン大助)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。