【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■難航する捜査

 チャールズを容疑者だと睨んだ警察官は、ヴェロニカとブレンダの証言と所有する物件が遺体遺棄現場に近いことから、連続殺人容疑でチャールズを逮捕した。

 チャールズは至って冷静で、全ての家を家宅捜索すると告げられても動揺しなかった。また、「娼婦など買ったこともない」と言い放った。

 家宅捜索の結果は芳しくなかった。7、8丁の銃やナイフがあったが、殺人事件に使われた44口径ピストルは見つからなかった。銃弾や遺体の側に落ちていた空の袋と同じブランドのコンドームは見つかったが、これらは「チャールズが殺人犯」だという証拠にはならない。

 犯人が戦利品として所持していると見られる被害者たちの眼球も、どこにもなかった。ホルマリン漬けにされた蛇などが棚にディスプレイされている中に、眼球のようなものもあったが、人間のものではなく豚の眼球だった。

 警察もFBIも行き詰まっていたところ、ティーナ・コンリーという娼婦が「シャーリー・ウィリアムズが殺された夜、彼女と一緒に立ちんぼしていた。酷い雨で自分はもうこれ以上は立っていられいないと思い、羽織っていた黄色いレインコートをシャーリーに貸して道を渡った。振り返ると、シャーリーが白いピックアップトラックに乗るところだった」と証言。そして翌日、彼女は遺体となって発見されたのだ。

 警察はシャーリーは発見現場とは別の場所で殺害されたと見ていた。ティーナは警察を「シャーリーが客を連れていく、お決まりの場所」へと連れて行った。そこは木がおおいしげる原っぱで、ティーナが貸したレインコートが見つかった。警察はレインコートに犯人の遺留品が残っていないか調べ、シャーリーの血、何本かの毛を発見した。そのうちの一つはリスの尾っぽの毛だった。

 警官はチャールズの家やピックアップトラックから収拾した毛をしらみつぶしに調べ、リスの尾っぽの毛を発見。これがシャーリー殺しの証拠だと警察は起訴に踏み切った。

0622AC-2.jpg画像は「YouTube」より引用

 チャールズはシャーリー殺害の罪で逮捕、起訴された。無実を主張し、店子であるアクストンが犯人だとも言ったが、娼婦は口をそろえて「襲ったのはチャールズだ」と証言した。また「娼婦なんて買ったことがない」とも主張したが、家やピックアップトラックからは娼婦の陰毛がたくさん発見されており、チャールズは明らかに嘘をついていた。

 チャールズは無実を主張したが、娼婦たちの証言もありシャーリーの殺人罪で有罪となり1991年12月18日、終身刑に処された。メアリーとスーザン殺しは証拠不十分のため起訴できなかったが、チャールズの仕業だと誰もが確信している。

■今も残る謎 目玉はどこに?

 チャールズは現在、テキサス州ラボック市にある囚人を収容するジョン・モントフォード精神科に入所中。今年8月で84歳になる。彼は今もなお「目」に強い執着心を持っているが、自分は犯人ではないと無罪を主張している。しかし、本物そっくりの美しい瞳を描き、壁に貼付けてはうっとりと眺めているため、誰もが彼が「目をくりぬいた連続殺人鬼」だと確信している。

 チャールズが切り取ったとされる被害者の目玉は、今もどこにあるのか分かっていない。普通ならば戦利品としてホルマリン漬けにして鑑賞したりするものだが、彼のホルマリンコレクションにはなかった。「腐らないように処理して剥製に入れ、どこかに置いた」という説、「ある程度見たり触ったりして楽しんだ後、自分と一体化させるために食べた」という説もあるが、証拠はなく真相はチャールズのみぞ知る、だ。

動画は「YouTube」より引用

(堀川英里)

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Murderpedia」「YouTube」ほか

コメント

1:匿名 2018年6月26日 18:08 | 返信

今日、国賊が刃物で刺された後に拳銃を奪われその銃で打たれたそうですね。国民のカネで悪いことばかりするからそうなるのだ!因果応報!いずれ国賊は全員そのような目にあうだろう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?