米政府が「小惑星の地球衝突」防御プランを大幅強化へ! 恐竜絶滅レベルの隕石再来“可能性アリ”!

米政府が「小惑星の地球衝突」防御プランを大幅強化へ! 恐竜絶滅レベルの隕石再来可能性アリ!の画像1画像は「Outer Places」より引用

 今月18日米ドナルド・トランプ大統領が宇宙軍の創設を指示する大統領令を発布し、大きな話題となったばかりだが、米国の地球防衛プランはそれだけにとどまらない。米「Yahoo News」(6月21日付)によると、今週水曜日にアメリカ合衆国科学技術政策局が小惑星検知、追跡、軌道変更技術の向上を要求するレポートを発表したという。

 現在のところ地球との衝突軌道にある小惑星は知られていないが、検知できていない天体が知らぬ間に地球に衝突する可能性があることは過去の実例からもうかがえる。たとえば、トカナでもお伝えしたように、昨年1月に小惑星「2017 AG13」の地球最接近をNASAが24時間前まで検知できなかった上、2013年にはロシア・チェリャビンスクに全く観測できていなかった隕石が落下し、1491人が重軽傷を負った。

 NASAの研究員ジョセフ・ナス氏によると、地球近傍天体の観測・予測に関して我々にできることは、現時点ではほとんどない上、恐竜を絶滅に追いやったような超巨大隕石が地球に衝突する危険は常にあるというから恐ろしい。

 そのため、米国は昨年も「地球近傍天体予防のための国家戦略」を公表し、NASAの地球近傍天体検知メソッドの改善、緊急事態警報システムの改善、地球近傍天体を無効化する高性能無人宇宙船調査の開発を課題として挙げていた。

米政府が「小惑星の地球衝突」防御プランを大幅強化へ! 恐竜絶滅レベルの隕石再来可能性アリ!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 NASAの惑星保護官リンゼイ・ジョンソン氏によると、直径1km以上の地球近傍天体のうち95%は検知されているが、5%は未検知の上、それよりも小さい小惑星でも地球に多大な被害をもたらす可能性があるという。そして、そのような小惑星が地球衝突数時前、数週間前、数カ月前に分かったところで、即効性のある解決策は今も存在しないとのことだ。

「地上の望遠鏡は地球の暗い側(太陽の反対側)から地球に向かってくる太陽系内の小惑星の検知には長けてします。検知が難しいのは、太陽系外から入ってきて太陽の側を通って接近してくる小惑星です。2013年のチェリャビンスク隕石はまさにこのような検知が難しい隕石でした」(ジョンソン氏)

人気連載

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映...

2022.01.24 12:00ART
【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

米政府が「小惑星の地球衝突」防御プランを大幅強化へ! 恐竜絶滅レベルの隕石再来“可能性アリ”!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル