大阪北部地震を予知していた5人とは!? FBI超能力捜査官、松原照子… 今後の巨大地震と津波に関する予言も

大阪北部地震を予知していた5人とは!? FBI超能力捜査官、松原照子… 今後の巨大地震と津波に関する予言もの画像1画像は「CBS NEWS」より引用

 6月18日の朝、大阪府北部で発生したM6.1(最大震度6弱)の地震だが、これが南海トラフ巨大地震の前兆である可能性については前回紹介した。今回は、この地震を予言していた国内外のサイキックを紹介するとともに、彼らが今後の日本について何を語っているのか、じっくり紹介しよう。なお、これらの情報を発信するにあたり、いたずらに不安を煽るようなスタンスではないことを、この機会に付け加えておく。


■FBI超能力捜査官が予言していた!

 リモートビューイングで知られる「FBI超能力捜査官」、ジョセフ(ジョー)・マクモニーグル氏は、2006年に出版された自著『ジョー・マクモニーグル未来を透視する』(ソフトバンククリエイティブ)において、21世紀後半までに世界や日本で起きるさまざまな出来事を予言している。過去の記事でも紹介したように、本書には「日本で6回の津波が起こる」ことが記されていたが、その一つ「2010年 晩夏 13m」は、その半年後に東日本大震災として現実になった。

大阪北部地震を予知していた5人とは!? FBI超能力捜査官、松原照子… 今後の巨大地震と津波に関する予言もの画像2未来を透視する』(ソフトバンク クリエイティブ)

 そんなマクモニーグル氏は、「これから日本で発生する大地震」として7つの大地震を予言しているが、その中に今回の大阪北部地震を示していると思しき記述があったのだ。

・ 2012年夏 伊丹市 東北東5km 震度6弱 → 誤差6年、15km

 年月は6年の差、震源の位置は15kmの差で現実化したものだが、マクモニーグル氏は自らの予言について「5年ほどの誤差を考慮してみてほしい」と語っているおり、6年弱の誤差であれば、ほぼ的中と言えるのではないか。

 さらにマクモニーグル氏は、今後の日本を襲う災害について、以下の2つを予言している。いずれも、誤差を考慮すれば2023年頃までに起きることになる。特に「2」は八王子あたりを震源とする首都直下地震であり、大阪北部地震を上回る被害となるだろう。

1. 津波:2018年秋 高さ10.5m
2. 大地震:2018年晩夏 東京都の西40kmで震度6弱

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ