2365年で6日間を過ごした元イギリス政府職員が暴露「超高層ビルが傾斜して建っていた」「宇宙人もいた」

 また新たなタイムトラベラーが現れた。彼は2006年、イギリス政府の指令で西暦2365年へと送られ、驚くべき未来の世界を垣間見たという。英「Express」が今月21日付で報じている。

 

2365年で6日間を過ごした元イギリス政府職員が暴露「超高層ビルが傾斜して建っていた」「宇宙人もいた」の画像1画像は「Express」より引用


■2365年にタイムトラベルした男

 今回タイムトラベルについて語ったのは、元イギリス政府職員だという男性である。彼はロシアの雪原を背景に、2006年にイギリス政府に属する機関が作った装置の試験で西暦2365年へとタイムトラベルしたと話す。

 男性によれば、政府でさえもタイムトラベルの完全な原理や仕組みを理解していないという。

「政府はタイムマシンがどのように動作するか正確には分かってませんでした。タイムパラドックスが起こる可能性もありました」

 だが、政府はこの技術を採用し、実証実験を行うことを決めたという。男性は家族のためにこの危険な実験に参加することを決意、実験に先立って20万ユーロ(約2560万円)を受け取ったという。

2365年で6日間を過ごした元イギリス政府職員が暴露「超高層ビルが傾斜して建っていた」「宇宙人もいた」の画像2画像は「YouTube」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ