「多頭飼育崩壊」猫45匹を飼っていた女性が強制退去、狂気の現場! 強烈な臭いで…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

Real News On-line!

,

多頭飼育崩壊

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。


■猫の飼いすぎによって強制退去処分となった女性の部屋

ThinkstockPhotos-522395848.jpg
画像は、Thinkstockより

 市場規模が1兆5000億円を超える見込みと言われるペット産業。ネット上では、ペットの写真や動画が多く投稿され、SNSのキラーコンテンツとなっている。その影響力は、マーケティング界で“ペットのインフルエンサー”としても注目されるほどだ。しかし、そのペット過熱の一方で問題となっているのが、「多頭飼育崩壊」である。

 ペットの数が飼い主の飼育できるキャパシティーを超え、飼育環境的にも経済的にも破綻してしまうケースが後を絶たないのだ。

 今月11日、多数の猫を飼育し問題となっていた女性が集合住宅から「強制退去処分」となったと報道された。この女性は昨年2月、ペットの飼育が禁止されている名古屋市北区の市営住宅に飼い猫を連れて入居。直後から「異臭がする」「鳴き声がうるさい」などの苦情が相次いでいたという。それに対して市は、指導を続けたものの女性が聞き入れなかったため、退去を求めて名古屋地裁に提訴した。今年3月には、市の主張を認める判決が確定。退去期限当日の今月11日、住人の女性立ち会いのもと、午前10時より強制退去の執行手続きが行われた。


■部屋から見つかった45匹もの猫たち

 退去当日、室内からは3匹の猫(オス2匹、メス1匹)が発見された。しかし、実はこの部屋からはすでに42匹もの猫が発見されており、市の動物愛護センターに保護されているという。当日に見つかった3匹については、これまで室内に隠れていたというのだ。当該の部屋は、市営住宅1階にある3DK。窓は、外から見えないように厚いカーテンがかかっており、床には猫の餌袋や段ボールなどが散乱。強烈なアンモニア臭が充満していたという。

 猫を預かっている市の動物愛護センターは、約100匹の猫が収容できるが、すでに満杯だ。今回、前出の女性から保護した45匹については、空いている犬用施設を使うなどして飼育しているが、職員らは困惑状態にあるという。従来であれば、猫が保護されると、病気の有無や性格、施設の空き状況などに応じて殺処分してきたが、今回は河村たかし名古屋市長の指示に基づく異例の措置だという。

 こうしたペットの多頭飼いとは、言葉の定義で考えれば2匹以上となるが、行政上の解釈だと10匹がボーダーラインと言えるだろう。自治体によっては、こうした多頭飼育崩壊を防ぐため、多頭飼育する場合は届け出が必要な場所もある。また、一定の条件を満たせば猫の不妊手術代を補助してくれる制度を設けている自治体もある。今回の名古屋市でも、その制度はあった。

 では、なぜ「多頭飼育崩壊」は起きてしまうのだろうか。ジャーナリストで本誌解説委員の竹村明氏は、次のように解説する。


■多頭飼育で飼い主たちが経済的に追い詰められている

「多頭飼育崩壊の大きな原因は、犬や猫を複数飼っているにもかかわらず、避妊・去勢手術をしないことにあると言えます。もし子猫が生まれた時、誰かに譲ったりできればいいのですが、愛情があるために他人に譲ることが出来ず、自身で飼うことを選択する。特に猫は繁殖力が強いため、それを繰り返していくうちに、あっと言う間に頭数は増えます。すると、次第に経済的にも苦しくなり、気付いた時には飼い主自身もどうすればよいかわからず、結局飼育を放置してしまうケースに陥るのです」

 しかし、実はこの「多頭飼育崩壊」は、一般家庭に限った話ではないという。

「いま、猫の保護活動を行っている施設でも、実質的な『多頭飼育崩壊』に陥っている場所は少なくありません。収容できるキャパシティーをはるかに超え、病気が蔓延しても治療を受けられずに死んでしまうという問題が起きているのです。病気の猫に適切な治療を受けさせなかったり、不衛生な環境で飼育することは、場合によっては動物愛護法が禁止している『虐待』と捉えることも出来なくはなく、動物愛護法違反となる可能性もあります」(前出・竹村氏)

■「かわいそう」だからこそ避妊・去勢手術を

 本来であれば、共に暮らし、生きる支えにもなりうるペット。お金がかかるという理由や「かわいそうだから」といった理由で、避妊・去勢手術をしないという安易な考えが、結果的にペットを「かわいそう」な状態してしまうのだ。

「多頭飼育」をする際には届け出をするというハード面の強化も大事だとは思うが、命あるものの飼うことに対する意識改革も必要なのではないだろうか。
(文◎朝比奈ゆう)

“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:飼い犬の顔に〝粘着テープ〟…動物虐待の刑罰は軽すぎるのか?
(関連記事:【ペット都市伝説】犬が自閉症に?予防接種の恐るべき副作用とは…
(関連記事:【動物虐待】大炎上中の問題番組〝見るに絶えないシーン〟とは?
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年6月22日 21:57 | 返信

多頭飼育してる奴に限って なぜか健康 
うちは 家族全員猫アレルギー発症した
抗アレルギー薬飲みながら 過度の接触は避ける生活
なので 定員2匹までだ
これ以上増えると 喘息&呼吸困難が出る

1:妄想代弁人2018年6月22日 12:45 | 返信

禿同

『「かわいそうだから」といった理由で、避妊・去勢手術をしないという安易な考え』


動物と共生するわけでなく、
愛玩動物(支配下にある動物)として飼う行為がすでに異常。

我が子でさえ、愛玩動物と化してしまっている家庭もあるぐらい草。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。