【衝撃画像】超絶珍しい「双頭鹿」が発見される! 330年で19例、野生動物の結合双生児を待ち受ける悲しい運命とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■検査結果

 発見後の子鹿の死体は、ミネソタ州天然資源省で詳細な研究が可能になるまで凍結されていた。

 そして今回、ジョージア州のジョージア大学で鹿の生態を研究しているジノ・ダンジェロ氏と同僚が、双頭の子鹿のコンピュータ断層撮影および磁気共鳴画像スキャンを実施し、完全な剖検を行った。

 ダンジェロ氏は、この双頭の子鹿は非常に珍しく貴重な事例だと強調する。毎年米国では数千万の野生の子鹿が生まれるが、それらの奇形が人間に発見されることはほとんどないからだ。

twoheadeddeerfawn2.JPGスキャンされた結合双生児の小鹿 「Live Science」の記事より

 研究チームは、この結合双生児は2頭とも雌で、1つの身体に脊柱は胸郭で2つに分かれ、2つの首と2つの頭を持っていることを確認した。

 この子鹿の肺を水槽に入れると、まっすぐに沈んだ。それが意味するのは子鹿は一度も呼吸していないこと、すなわち死産であった。

 子鹿には2つの別々の胃腸管があったが、1つだけが肛門まで完全に接続されていた。彼らはまた1つの心膜嚢の内側に2つの別々の心臓を持ち、および余分な脾臓も有していた。そして1つの奇形化した肝臓を共有していた。

 この解剖結果が指し示すのは、悲しいことだが彼らは生存できない運命を持って、この世に産み落とされたということだ。

 人間の双頭結合児や牛、羊、猫の双頭結合児は、ニュースで見ることも多い。しかし野生動物の場合、このような双頭結合は人知れず死んでいく、もしくは死産になってしまうのだろう。この双頭結合の子鹿は現在、ミネソタ州セントポールにあるミネソタ州の天然資源省本部に展示されている。
(文=三橋ココ)


参考:「Science Alert」、「Live Science」、ほか

関連キーワード

コメント

7:匿名 2018年6月27日 20:08 | 返信

双頭の鹿が一つの種として確立される可能性は無いんだな

6:匿名 2018年6月26日 14:00 | 返信

野生動物の場合は、親が奇形だってわかると食い殺したりして、そこの子を処分しちゃうんだよね。
俺が知ってる内容は、マウスの奇形遺伝子解析を卒論として一年間やってた時に講師から言われた事で、実際に食い殺した事があったから信憑性はある感じだな。

5:匿名 2018年6月26日 03:58 | 返信

家畜やペットに多いのは農薬とか遺伝子組み換えの餌が原因だったはず

4:トランプ大統領 2018年6月26日 02:35 | 返信

>> 1

放射能汚染?
では福島の人が不細工なのは放射能の影響とでもいうのかね?
君は人間の管理者だろう。答えたまえ!

3:匿名 2018年6月25日 18:48 | 返信

なぜ家畜やペットには多くて、野生動物にはめったにいないのか?
俺はそっちのほうが気になるぜ!

餌の質が非常に悪いとか?環境の問題?

2:匿名 2018年6月25日 15:01 | 返信

不謹慎かもしれないが、こんな見た目には綺麗な奇形でも
内臓がめちゃくちゃで生きる力が無いんだな。

1:妄想代弁人 2018年6月25日 14:16 | 返信

これは放〇能での遺伝子異変だよ。
そうだよ、絶対そうだよ。
双頭鹿だけに、そうとしか 思えん。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。