【閲覧注意】毒ガスでじわじわ死にゆく子ザルが哀れすぎる! 苦悶の表情で体を痙攣させ… 動物実験の残虐さを思い知る衝撃映像

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】毒ガスでじわじわ死にゆく子ザルが哀れすぎる! 苦悶の表情で体を痙攣させ… 動物実験の残虐さを思い知る衝撃映像の画像1画像は、「LiveLeak」より

 今年1月、ドイツ自動車大手から資金提供を受けていた研究団体が自動車の排ガス実験にサルを使用していたことが明らかとなった。これを受けて非難されているのは、フォルクスワーゲン(VW)とダイムラー、BMWの3社だ。問題となっている研究団体は2014年、「輸送セクターにおける環境と健康についての欧州研究グループ(EUGT)」で、閉め切った部屋に閉じ込めた10匹のサルにディーゼル車の排ガスを吸わせていたという。

 この実験は、米ニューメキシコ州アルバカーキを拠点とする研究所で実施された。当時「クリーンディーゼル」として売り出していたディーゼル車が前世代のものよりもクリーンであることを証明する目的だったという。何時間にもわたる実験の間、サルたちはアニメを見せられていた。

 アメリカでは、毎年何万匹もの霊長類が実験に使用されており、サルを使った実験に対する規制は緩い。一方、ドイツはヨーロッパの中でも動物実験に対する規制が最も厳しい。連邦食糧・農業省が「(国内の)実験動物として類人猿を使用することをほぼ全面的に禁止する」と定めているほどだ。

 アンゲラ・メルケル独首相のスポークスマン、ステファン・シーベルト氏は「これらの実験は倫理的に正当なものではなく、その背後にいる人々に対する重要な疑問がたくさん浮上しています」と語った。フォルクスワーゲンは責任の所在について言及し、ダイムラーは調査を開始したという声明を出した。

「たかがサルを実験に使ったくらいで大げさだ」と思う読者もいるだろう。しかし、海外の動画共有サイト「LiveLeak」に投稿された動画を見れば、サルに毒ガスを吸わせる実験がどれほど残酷か理解できるだろう。

 檻の中に閉じ込められた子ザル――。毒ガスが噴射され、子ザルは苦しみから逃れようと動き回るが、檻から出ることはできない。苦悶の表情を浮かべながら体を痙攣させる。そのままぐったり倒れて息絶えたのだった。

 じわじわ死にゆく子ザルの姿は、動物実験の残酷さを物語っている。これを見れば、ドイツが類人猿を使用した動物実験を禁じたことにも納得できるのではないだろうか?
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?