W杯出場32カ国の最新ペニスサイズ・ランキングが発表される! 日本対ポーランドはまさかの結果に… 意外な優勝国も!

W杯出場32カ国の最新ペニスサイズ・ランキングが発表される! 日本対ポーランドはまさかの結果に… 意外な優勝国も!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 グループリーグも終盤を迎えますます白熱している2018年FIFAワールドカップロシア大会。日本代表も初戦で強豪コロンビアに勝利し、2戦目はアフリカの強国セネガルと引き分け、28日のポーランド戦で引き分けるか勝利すれば自力でのグループリーグ突破という目が離せない状況の中、男性の脱毛・ED情報などを提供するウェブメディア「Forhims」がワールドカップ出場国の出生率とペニスサイズを紹介。日本とコロンビアに関する驚きの事実が明らかになってしまったのだ!


■W杯出場国の平均ペニスサイズ、日本は32カ国中まさかの最下位!

ドイツ(1位)、ブラジル(2位)、ベルギー(3位)、ポルトガル(4位)、アルゼンチン(5位)、スイス(6位)、フランス(7位)、ポーランド(8位)、スペイン(10位)、ペルー(11位)、イングランド(12位)、デンマーク(12位)、ウルグアイ(14位)、メキシコ(15位)、コロンビア(16位)、クロアチア(20位)、チュニジア(21位)、アイスランド(22位)、コスタリカ(23位)、スウェーデン(24位)、セネガル(27位)、セルビア(34位)、オーストラリア(36位)、イラン(37位)、モロッコ(41位)、エジプト(45位)、ナイジェリア(48位)、パナマ(55位)、韓国(57位)、日本(61位)、サウジアラビア(67位)、ロシア(70位)

 W杯出場国の最新FIFAランキングでは、1位がドイツ、最下位がロシアとなっているが、ペニスサイズではどの国が最長で、どの国が最短なのだろうか? 「Forhims」が作成した、サッカーの上手さとは何の関係もない出場国のペニスサイズ表を見てみよう。

Please include attribution to forhims.com with this graphic.

W杯出場32カ国の最新ペニスサイズ・ランキングが発表される! 日本対ポーランドはまさかの結果に… 意外な優勝国も!の画像2

 1位は17.03cmのコロンビア! そして気になる日本はなんと最下位だ! その差なんと6.11cm! 日本はサッカーではコロンビアに歴史的勝利を収めたが、ペニスサイズでは圧倒的敗北を喫していた。全くサッカーとは関係のないランキングだが、なぜかコロンビア戦の勝利が霞んでくる……。

 コロンビア(1位)をはじめ、上位にはパナマ(3位)、ブラジル(4位)、ペルー(5位)など中南米が軒を連ねている。ヨーロッパ勢で健闘しているのは、アイスランド(2位)、ベルギー(8位)ぐらいだ。意外なことに巨根のイメージが強いアフリカ勢はセネガル(7位)、ナイジェリア(10位)とふるわない結果となった。

 下位に韓国(31位)と日本(32位)の東アジア2カ国が肩を並べているのは期待通りだが、30位にポルトガル、29位にロシア、28位にオーストラリア、27位にフランスがランクインしているのは意外な結果だろう。最下位の日本と27位のフランスの差はわずか2.61cm。さほど大きな違いはない。

 ところで、何度も言うようにペニスランキングはサッカーの実力とは何の関係もない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ