「宇宙兵器がもうすぐ整う 」ペンタゴンが史上初の爆弾発言! 宇宙戦争時代の突入をガチ発表、中露を牽制!

 ロシアの米国に対する秘かな挑発行為は2014年9月に起こっている。当時、ロシアは人工衛星「Olymp-K」を打ち上げ、米国の電気通信事業者「インテルサット」の人工衛星2機の間に潜り込むという奇妙な動きを見せた。Olymp-Kはインテルサットの衛星からわずか10kmしか離れておらず、この事態を重く見た当時の米政府は極秘の会合をホワイトハウスで開いていたと報じられている。

 1967年にアメリカが宇宙区間の探査や利用における規則を定めた「宇宙条約」では、宇宙利用は平和的利用に限られているが、「赤十字国際委員会」によると、同条約では核兵器などの大量破壊兵器の使用や、月などの天体の独占的使用目的を除いて、宇宙空間での武器使用ははっきりとは禁止されていないという。そのため、今年3月には国防次官のマイケル・グリフィン氏が、地球上のミサイルや小惑星などを破壊するために中性子ビームを使用するという80年代の計画を引っ張り出す可能性もあると発言している。

 そうなればまさに宇宙戦争の様相を呈すことになるだろう。遂に地球上での戦いは終わり、舞台は宇宙に移されるのか。今後も米中露の動きから目が離せない。
(編集部)

参考:「Defense One」、ほか

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ