カルトが新しいメンバーを見つける方法5選! アニメ、バンド、大学、SNSも… オウムも活用していた危険な勧誘テクニック

 カルトと聞くと宗教的なものを想像しがちだが、本来は「特定の対象を熱狂的に崇拝したり礼賛すること」を指す。そのため、ビジネスモデルや政治集団をカルトと見なす場合もあるようだ。今回は、海外サイト「TOPTENZ」が発表した「カルトが新しいメンバーを見つける方法」を紹介しよう。


■メディア広告

カルトが新しいメンバーを見つける方法5選! アニメ、バンド、大学、SNSも… オウムも活用していた危険な勧誘テクニックの画像1画像は、「The Underground Bunker」より

 米国フロリダ州に本拠地を置く新興宗教“サイエントロジー”は、アメリカンフットボールの優勝決定戦であるスーパーボウルに数百万ドルを費やして広告を打ち出している。スーパーボウルの視聴率は毎年50%ほど獲得しているため、その宣伝効果は計り知れないだろう。

 また、NYのソーホーに拠点を置く“Aesthetic Realism”(美的リアリズム)も注目を集めるためにメディア広告を打ち出している。“Aesthetic Realism”は1978年に自殺した詩人エリ・シーゲルによって1941年に設立され、生前“本当の答え”を知ると主張していたシーゲルのもとに、共感を示した多くの人が集まった非営利の教育基盤。1990年、“Aesthetic Realism”はニューヨークタイムズに30万ドル以上を支払い、「ゲイの人々を“修正”できる」といった広告を掲載していた。

カルトが新しいメンバーを見つける方法5選! アニメ、バンド、大学、SNSも… オウムも活用していた危険な勧誘テクニックの画像2画像は、「Aesthetic Realism is a cult」より

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ