奇習! 少年少女の「未成熟な性器」を重ね合わせ…! 東北地方に実在した早すぎる“セックス儀式”を暴露!

【日本奇習紀行シリーズ】 東北

 現代でこそ、男女ともに“晩婚”の傾向が強いものの、かつての日本では、こうした“晩婚”と対極に位置する“早すぎる結婚”が目立つ傾向にあった。事実、あの戦国武将・伊達政宗は、わずか13歳の頃に、三春城主・田村清顕の娘である愛姫(当時12)を正室に迎えており、こうした“若すぎる婚礼”の事例は、かつての日本では当たり前のように存在してことが窺い知れる。無論、そうした時期においては、それこそ、“人間五十年”ではないが、二十歳を迎えるよりも早く子宝に恵まれ、三十路を過ぎた頃には、自身が祖父母となり、その後、還暦を迎えるよりも前に他界することも珍しくなかったというのだが……。

「いくら“昔は結婚が早かった”って言っても、まだ“毛”も生えてないような子供たちが結婚っていうのはね……今、同じようなことをやったら、すぐにニュースのネタにされてしまいそうだよ(苦笑)」

 自身が生まれ育った東北のとある寒村で、昭和20年代半ばまで行われていたという、“早すぎる結婚”の習慣についてそう証言するのは、現在、故郷を遠く離れた北海道・函館で、長女宅に身を寄せる形で余生を過ごしている金上道夫さん(仮名・81)。金上さんの話によると、当地における“かつての結婚”は、そもそも両親によって決められるものであり、言ってしまえば、当世の若者にとって当たり前のものとなっている自由恋愛ですら、まったく無縁ものとして捉えられていた時代ならではのものであったという。

「もともとあのあたりじゃね、生まれて間もなくさ、同じような年頃の子供を持つ親同士が相談しあって、結婚相手を決めるのよ。それで……そうだな、だいたい10歳頃になるとね、実際のその相手とね、式を挙げて結婚するわけなんだけれども、その時の儀式がね、ホント、おかしな話で」

奇習! 少年少女の「未成熟な性器」を重ね合わせ…! 東北地方に実在した早すぎるセックス儀式を暴露!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 そもそも、生まれて間もなくお互いの両親によって決められた相手と、わずか10歳程度で、「夫婦になる」というだけで、当世の我々からすれば、にわかに信じがたい話であるが、金上さんが言うように、その“婚礼の儀式”と、“その後の夫婦生活”は、さらに我々の想像を凌駕する内容であると言える。

「子供同士が挙げる式って言ったって、やることは本格的だからね。それこそ、他所で言ったら、普通の大人がするような三々九度みたいなこともやる。勿論、その後は“初夜”になるわけでね。けれども、男女の色恋どころか、性に対してもほとんど知識がない年頃でしょう? それこそ、“おままごとみたいな交わり”になるようなんだよな」

 周囲の大人たちによって、押し着せ的に行われるという、少年少女たちの婚礼。年齢的に見ても、よほどのことがない限り、性的に熟しているとは言い難い彼らであるだけに、最初に迎える“夜”は、金上さんの言うように、“おままごとみたいな交わり”になってしまいがちだという。そのため、彼らを見守るように寝所へと配置された大人の“介添人”たちの助力によって、彼らは辛うじて、その「目的」を達することができるのだそうだ。

「まあ、そうは言っても、みんながみんな、“大人みたいなこと”をできるわけじゃないから、場合によっちゃ周りの大人たちがね、それこそ、小さなニンジンみたいなモノをさ、指先で摘みあげて入れたりとかっていうことも珍しくなかったと聞くね。もともと、そこからしばらく経たないと、子供なんかできやしないからさ、どっちにしたって“ごっこ”みたいな話でしかないんだけれども(苦笑)」

 それこそ、現代の我々が持つ感覚からすれば、「性的虐待」以外の何物でもない当地における“婚礼の儀式”。上機嫌で、少年少女たちの“初夜の内容”について語りあう大人たちをよそに、その主人公となる彼らにとっては、なんとも複雑な胸中にさせられる儀式であったと言えそうだ。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 少年少女の「未成熟な性器」を重ね合わせ…! 東北地方に実在した早すぎる“セックス儀式”を暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで