4歳の子どもが“元カノの霊”と遊んでいた!? 元遊び人の男が恐怖体験を激白

【連載】”肉食系女子”という流行語の生みの親であり、自身も超肉食な日々を送る恋愛ライター・桜木ピロ子が取材! 恐すぎる恋バナを追う「彼氏・彼女怪談シリーズ」

4歳の子どもが元カノの霊と遊んでいた!? 元遊び人の男が恐怖体験を激白の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 恋愛において、平穏な別れはないと思っている。

 深い、浅いの違いこそあれ、すべての恋愛が終わるとき、死ぬの生きるの殺すの殺されるのという負の感情は必ず生まれる。その想いが本気であればあるほど、憎い、悔しい、恨めしいという思いがわいてくる。だから、誰かと付き合うときは「覚悟」をしなくてはならないのだ。

 大阪出身の風間健一さん(仮名・42歳)は、若い頃からずいぶんと遊んできたという。

「ヤンキーって昔はモテたんですよ。いまは流行らないですかね。自分も女を泣かせてきたほうだと思います。まぁ。自分ではそんなにひどいことをしたつもりはないんですけど、一度、気持ち悪いことがあったんですよね」

 大柄で笑顔が可愛らしい。悪い部分など微塵も感じられない雰囲気だ。建設業を営んでいるという風間さんは「親方ですよ」とはにかみながら、教えてくれた。

「結婚して7年ですかね。だから7年前か。いまのカミさんと、元カノとダブってたんですよ。元カノっていっても、スナックのホステスでね。自分としては完全に遊び。当時は付き合ってるって認識もありませんでした」

 水商売をしているという理由から、風間さんは元カノとの結婚を考えたことはなかった。

「でも、相手もホステスでしょ。自分だって散々金を使ったんですよ。だからあいこというか、お互い様の関係だと思っていました。あんな派手な女と結婚はできませんね。恥ずかしくて」

 

4歳の子どもが元カノの霊と遊んでいた!? 元遊び人の男が恐怖体験を激白の画像2風間健一さん

 元カノが風間さんに結婚をにおわす頃、今の奥さんが妊娠した。

「自分は、はやく子供が欲しかったし、結婚するならコイツしかいないと思っていたから、すぐに籍を入れることにしました」

 無事に男の子がうまれ、家族3人幸せな日々を送る。

「子供が4歳のときでした。カミさんと公園から帰ってきたら自分に『きょうはミカちゃん(仮名)と遊んだんだぁ』っていうんですよ。元カノがミカって名前だからドキっとしたけど、ああ。女の子の友達ができたのかなぁって思いました。でも、女の子とは遊んでいないっていうんですよ」

 4歳の子は、公園の遊具に一つ一つ名前をつけていた。バネで遊ぶ、うさぎの遊具には「ぴょんぴょん」。ブタには「ブーちゃん」。

 きっと、何かの遊具に「ミカ」という名前をつけたのだろうと思った。

「だから、ミカちゃんってどんなの? ってきいたんです。そうしたら『ミカちゃんは、お姉ちゃんだよ。すごく優しいよ。髪が長くてキレイ。スカートをはいてるよ』っていったんです。ゾーっとしました。だって、それってどう考えても元カノのミカですもん。髪が長くて、自分がタイトスカートが好きだからいつもタイトスカートをはいてたんですよ」

4歳の子どもが“元カノの霊”と遊んでいた!? 元遊び人の男が恐怖体験を激白のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで