「タイムワープ」現象がラスベガス郊外で初観測される! 時空が歪み、時間が遅れ… 大手メディアも報じる大ニュース!

「ブラックホールが地球に近づいているのかもしれない」――。有名な超常現象研究者が衝撃の発言を行っている。その根拠は“タイムワープ”現象が初めて観測されたことにある。

「タイムワープ」現象がラスベガス郊外で初観測される! 時空が歪み、時間が遅れ… 大手メディアも報じる大ニュース!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■ラスベガス郊外で時間に20ミリ秒の遅れが発生

 数々の著書を持ちテレビやラジオ番組のホストも務める有名な超常現象研究者のジョシュア・ウォーレン氏が、米ネバダ州ラスベガス郊外で“タイムワープ”現象を初めて観測したことを報告している。

 ウォーレン氏はシリコンバレーのエンジニアであるロン・ヒース氏によって開発されたばかりの最新の時間計測機器「DTメーター」を駆使して、ラスベスの北に広がる砂漠地帯、高速道路のインターステート15と国道93号線の間の一角で時間の歪みを計測した。すでに各地で計測を試みているウォーレン氏だが、先の6月18日、この地で初めて“タイムワープ”現象が観測されたのだ。この場所の時間には20ミリ秒の遅れが生じているというのである。

「タイムワープ」現象がラスベガス郊外で初観測される! 時空が歪み、時間が遅れ… 大手メディアも報じる大ニュース!の画像2FOX 5」より

 ラスベガスのあるネバダ州南部といえば、UFOファンにはおなじみのグルーム・レイク空軍基地、いわゆる“エリア51”があり、ほかにも極秘の航空機開発も行っているとされる宇宙開発ベンチャー「ビゲロー・エアロスペース」などもあり、何かと“疑惑”に満ちた土地である。今回観測されたタイムワープ現象は、こうした疑惑と関係があるのだろうか。

「最新鋭の機器を使って検知されたこの奇妙な現象こそ、本当に追い求めていたものです」とウォーレン氏は米ニュースメディア「FOX 5」に話している。

「(タイムワープ現象を)説明できるとすれば、ブラックホールが地球に近づいた場合や、普段は決して起こらない何かが起こっている場合のどちらかです。2018年6月18日、この場所で私は実際に初めて時間が20ミリ秒減速しているのを観測しました」(ジョシュア・ウォーレン氏)

 地球にブラックホールが近づいてきているのだとすれば大ニュースに値するが、それにしてもどうしてこのラスベガス近郊の場所でのみ、タイムワープ現象が観測されたのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ