【7月2日UFO記念日】元NASA科学者が爆弾発言「政府はエイリアンの存在を隠蔽している」「今こそ宇宙人研究を!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 1947年のロズウェル事件にちなみ、7月2日は世界UFOデーとされている。UFOが疑う余地もなく存在することを啓発するこのUFOデーに合わせ、元NASAの物理学者が「エイリアンの存在は政府に隠蔽されている」と主張し、話題になっている。

0702ufo-1.jpg
画像は「The Conversation 」より引用

■科学者はUFOとエイリアンが存在する可能性を直視せよ

 先月30日の英「Metro」の記事によると、問題の主張を行ったのは米国ニューヨーク州立大学オールバニ校の物理学者ケヴィン・クヌース氏である。クヌース氏は2001~2005年までNASAで勤務していた優秀な科学者で、UFOや地球外生命体の存在に強い興味を持っていると公言している。彼は先月28日、学術研究に関するウェブメディア「The Conversation」に「私たちは一人ぼっちか? この疑問はまじめな科学研究にもふさわしい(Are we alone? The question is worthy of serious scientific study)」と題した記事を寄稿し、自らの経験と専門的知識を元に「我々の最も優れた飛行機を上回る動きを見せる奇妙な飛行物体のいくつかが、遠い宇宙からきた来訪者のものである可能性を直視する必要がある」と主張したのである。

 記事の中でクヌース氏はフェルミのパラドックスについて触れ、宇宙には多くの知的生命体が存在すると考えられるのに、なぜ我々はその証拠に触れることができないかを議論している。彼は数多くのUFOの目撃証言が各国政府によって隠蔽されていることが問題をややこしくしている指摘する。実際、米国や英国など多数の国でUFO目撃情報が重要機密に指定されていたことが明らかになっているほか、最近も英国がその情報をめぐって中国やロシアで半世紀以上スパイ活動を行ってきたことも判明している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。