「子どもを天才に育てる8つの方法」が45年間の長期研究でガチ判明! 最も重要なのは○○能力だった!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

「子どもを天才に育てる8つの方法」が45年間の長期研究でガチ判明! 最も重要なのは○○能力だった!の画像1画像は「Big Think」より引用

 世の教育ママ・パパたちに、この上ない朗報だ。45年にわたる長期研究で、子どもの才能を伸ばす8つの秘訣が明らかになった。

 海外意識高い系ニュースサイト「Big Think」によると、1971年に米国の心理学者ジュリアン・スタンリー教授が開始した長期研究プログラム「Study of Mathematically Precocious Youth Program」(SMPY)の45年に及ぶ追跡調査の結果が2016年に科学誌「ネイチャー」に掲載されたという。この研究は、突出した才能・知能を持つ「ギフテッド」と呼ばれる子ども5000人を対象に行われた。

 対象となった子どもたちは、米国の大学進学適性試験(SAT)の数学で高得点を獲得するなど、特に理数系の勉学に長けている特徴があったが、それだけではなく、問題を特定・分解し、解決する分析的な推理能力も極めて高かったそうだ。

 だが、それにも増して研究者らを驚かせたのは、彼らの人並みはずれた空間把握能力だった。米ヴァンダービルト大学の心理学者デイヴィッド・ルビンスキ氏によると、空間把握能力は創造性や革新性を示すひとつの基準となるという。

「子どもを天才に育てる8つの方法」が45年間の長期研究でガチ判明! 最も重要なのは○○能力だった!の画像2画像は「Big Think」より引用

「数学や言語能力にわずかに長けているだけでも、高い空間把握能力を持つ子どもは、将来において素晴らしいエンジニア、建築家、外科医になることが多いのです。しかし、この能力は学校レベルでは無視されてしまっています」(ルビンスキ氏)

 米デューク大学のジョナサン・ウェイ教授によると、対象となったギフテッドの子どもたちは今では著名科学者や、トップ経営者、連邦裁判官、議員、億万長者になっているという。つまり、数学能力・論理的推論能力・空間把握能力が高い子どもは、将来的にあらゆる知的分野のリーダーになる可能性が高いということだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ