• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

カメラマン

,

人相

,

吉沢ひかる

,

犯罪者

ThinkstockPhotos-834741464aaa.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 テレビ番組を制作する仕事は非常に細分化されている。たとえばドラマでテーブルは大道具さんが用意するが、テーブル上のお皿は小道具さんや装飾さんが担当する。また、俳優が持つ携帯電話やタバコなどは持ち道具さんと呼ばれるスタッフや衣装さんが担当する。

 このように画面上に登場するアイテムだけに絞っても複数の役職があるため、画面を見ていてもまったくわからない役職や存在もある。そのひとつにして、かなりレアな職種を聞くことができた。

「報道の世界に在籍しているカメラマンは事件や事故を撮影するために専門的なノウハウを持っていますが、中でもかなり専門的なノウハウを持つカメラマンがいます。それは『人相の悪い顔を撮るカメラマン』です」(報道部スタッフ)

 人相の悪い顔を撮るとは、どういうことなのか。

「報道やワイドショーでは事件の容疑者が警察署に入るシーンを撮影します。このとき、できるだけ人相が悪いように撮影するノウハウを持ったカメラマンがいるんです。凶悪事件などの場合、優しい顔をしている容疑者を映しだすよりも、やはり人相が悪いほうが世間もニュースに関心をもってくれますし、事件への批判の声も大きくなり、結果として世論を動かすこともできます。そのため、このような顔を撮るカメラマンが必要なんです」(同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年7月 5日 19:41 | 返信

人相だけでなく
金髪 ピアス ヒゲ 入れ墨(タトゥー) ガングロ グラサン
根暗ニート ヲタ
見た目が いかにも殺りそうという雰囲気がただよう凶悪犯いるよな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。