• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州アバディーンは、シドニーから北に向かって車で3時間ほどの小さな田舎町である。鉱山業と畜産業で生計を立てる人が多く、あまり豊かでもなく寂れているが、緑が多く静かでゆったりとした空気が流れる穏やかな町だ。

 そんなアバディーンで2000年3月1日、身の毛もよだつような事件が発覚した。

■惨劇の家

 きっかけは45歳の鉱夫ジョン・プライスの無断欠勤だった。「交際している女性に殺されるかもしれない」と怯えていた彼が出勤しないことを不審に思った上司が通報。さらにジョンの近隣住民も、出勤している時間帯なのに駐車場に車があることを不審に思い警察に通報していた。

0705KK-1.jpg
事件の起きた家。画像は「Daily Mail」より引用

 駆けつけた警官たちが呼び鈴を鳴らしても応答はない。郵便受けから中を覗くと、家の中は血だらけだった。警官たちはすぐに裏玄関にまわり、ドアをこじ開けて中に入った。

 廊下につながるドアには布のようなものがかかっており、警官は反射的に左手でよけた。すると、その手にヒンヤリとした感触が伝わってきた。その左手を見ると、腕まで血がべっとりとついている。怪我はしていないはずなのにと警官は混乱した。

 まさかと思いつつ、警官はドアにかけられた布をもう一度見直した。それは明らかに人間の皮だった。剥ぎ取られた人間の皮がぶらんと下がっていたのだ。

 警官2人は恐る恐る家の中を進んだ。ランドリールームには頭部のない胴体が置かれていた。台所に入るとコンロには大きな鍋がかけられ、なぜかキッチンカウンターには特大ステーキが盛られた皿が2つ。

 家中が血だらけで、この家が恐るべきバラバラ殺人の現場であることは明白だった。緊張する警官らに、寝室から寝息が聞こえてきた。部屋を覗き込むと、ベッドにはジョンと交際している45歳の女性キャサリン・ナイトが横たわっていた。側には薬の空き箱がころがっており、オーバードーズで意識がないようだった。警官たちは彼女をとりあえず裏庭へと運び、救急車を呼んだ。家にいたのは、キャサリンとバラバラ遺体だけだった。

0705KK-2.jpg
ジョン・プライスとキャサリン・ナイト。画像は「Daily Mail」より引用

コメント

7:匿名2018年9月 3日 19:00 | 返信

どんだけセックスうまいんだよ

6:匿名2018年9月 3日 08:05 | 返信

子どもは親を見て育つということがはっきりわかる一例でした…

5:匿名2018年7月12日 19:23 | 返信

心から地獄におちてほしい。

4:匿名2018年7月 8日 07:47 | 返信

やっぱり「相手が女であっても思いっきりやり返す男」が賢いんだな
下手に手加減すると寝首をかかれることになる

3:匿名2018年7月 8日 07:44 | 返信

こんなのが野放しになっていたとか
日本と一緒でキチガイに甘いんだな
犯罪兆候が見られた時点で予防拘禁しておけよ
キチガイは人間じゃなく獣なんだから
獣が人を襲えば即処分されるのは当然のこと

2:匿名2018年7月 8日 07:41 | 返信

兄から性的虐待を受け続けていても純潔だけは保っていたのか

1:匿名2018年7月 7日 23:48 | 返信

悪魔みたいな女

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。