【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州アバディーンは、シドニーから北に向かって車で3時間ほどの小さな田舎町である。鉱山業と畜産業で生計を立てる人が多く、あまり豊かでもなく寂れているが、緑が多く静かでゆったりとした空気が流れる穏やかな町だ。

 そんなアバディーンで2000年3月1日、身の毛もよだつような事件が発覚した。

■惨劇の家

 きっかけは45歳の鉱夫ジョン・プライスの無断欠勤だった。「交際している女性に殺されるかもしれない」と怯えていた彼が出勤しないことを不審に思った上司が通報。さらにジョンの近隣住民も、出勤している時間帯なのに駐車場に車があることを不審に思い警察に通報していた。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像1事件の起きた家。画像は「Daily Mail」より引用

 駆けつけた警官たちが呼び鈴を鳴らしても応答はない。郵便受けから中を覗くと、家の中は血だらけだった。警官たちはすぐに裏玄関にまわり、ドアをこじ開けて中に入った。

 廊下につながるドアには布のようなものがかかっており、警官は反射的に左手でよけた。すると、その手にヒンヤリとした感触が伝わってきた。その左手を見ると、腕まで血がべっとりとついている。怪我はしていないはずなのにと警官は混乱した。

 まさかと思いつつ、警官はドアにかけられた布をもう一度見直した。それは明らかに人間の皮だった。剥ぎ取られた人間の皮がぶらんと下がっていたのだ。

 警官2人は恐る恐る家の中を進んだ。ランドリールームには頭部のない胴体が置かれていた。台所に入るとコンロには大きな鍋がかけられ、なぜかキッチンカウンターには特大ステーキが盛られた皿が2つ。

 家中が血だらけで、この家が恐るべきバラバラ殺人の現場であることは明白だった。緊張する警官らに、寝室から寝息が聞こえてきた。部屋を覗き込むと、ベッドにはジョンと交際している45歳の女性キャサリン・ナイトが横たわっていた。側には薬の空き箱がころがっており、オーバードーズで意識がないようだった。警官たちは彼女をとりあえず裏庭へと運び、救急車を呼んだ。家にいたのは、キャサリンとバラバラ遺体だけだった。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像2ジョン・プライスとキャサリン・ナイト。画像は「Daily Mail」より引用

 

■おぞましい犯行内容

 捜査により推測された事件のあらましは、次のようなものだ。

 ジョンは就寝中に襲われたとみられる。彼は血まみれの手を壁につきながら、家中を逃げ惑ったのだろう。とどめを刺されたと見られるランドリールーム近くの廊下には、壁の低い位置に多量の血痕が残っていた。出血と痛みのせいだろうか、ジョンは倒れこんでしまい、そこを犯人に襲われたとみられる。その場所には直径1.2mあまりの血だまりができていた。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像3ジョンの移動経路。画像は「Daily Mail」より引用

■めった刺しされ、遺体はバラバラに…

 司法解剖の結果、ジョンは全身37箇所を刺されていたことが判明している。全ての傷跡が深く、犯人がためらわずに満身の力を込めてジョンを繰り返し刺し続けたことを物語っていた。

 ジョンの遺体はそのまま廊下で皮を剥がされ、首も切断されていた。血が滴り落ちた跡はキッチンまで続いており、コンロに置かれた大きな鍋の中から首が見つかった。鍋の蓋を開けると、ジョンの目が見つめかえしてきたという。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像4血まみれの廊下。画像は「Daily Mail」より引用

 ジョンの背中の肉も綺麗に剥ぎ取られていた。その肉はステーキとして調理されて、カウンターの2枚の皿に盛り付けられていた。ステーキの横には茹でた野菜も添えられており、皿にはジョンの子供たちの名前が書かれていた。なお、背中の肉は5枚に切り取られており、もう1枚は犬にあげたものと推測された。

 それから5日後、刑事は回復したキャサリンを最重要容疑者として拘束し、事情聴取を始めた。キャサリンは当初「何も覚えていない」「記憶にない」と主張。その後、ジョンを殺したことは認めたが、「酷いDVを受け続けていたから」と自分は悪くないと言い放った。

 その一方で、事件の一報を聞いたジョンの家族、友人、同僚、誰もがキャサリンの仕業だと確信した。さらに、キャサリンの元夫や交際相手、知人も皆が「とうとう」と誰も彼女の凶行に驚かなかった。

 一体、キャサリン・ナイトとはどんな人生を歩んで来た女性なのだろうか。

 

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像5キャサリン・ナイト。画像は「Daily Mail」より引用

■DV家庭に育ったキャサリン

 キャサリン・ナイトは1955年10月24日、アバディーンに誕生した。母親は夫と4人の息子がいる身ながら、夫の同僚と不倫・駆け落ちした女だった。不倫相手の男との間に生まれたのがキャサリンと双子の妹で、他に2人の息子も生んでいる。

 駆け落ちして4人も子供をもうけた割に、両親は不仲で、子供たちは八つ当たり的な虐待を受けながら育った。やがて家には、キャサリンの異父兄弟4人も引き取られた。彼らの世話をしていた義母が亡くなってしまい、面倒をみるあてが他になくなったからだ。母親は8人もの子供たちを抱え、金銭的にも精神的にも余裕がなくなり、常に子供達に暴力を振るうようになった。短気で癇癪を起こすキャサリンは特に叩かれた。それでもキャサリンは母親の愛を求め、その度に殴る蹴るの暴力を振るわれてきた。

 また、キャサリンの父親も酷いDV男だった。妻に暴力を振るった上で強姦のような夫婦生活を強要した。それを頻繁に目撃していた子供達の精神状態は当然のように荒れ、キャサリンは兄から性的虐待を受けるようになった。まさしく生き地獄だった。

 キャサリンは双子の妹とは仲が良かったが、学校にはあまり友人がいなかった。もともと短期な性格だったが、成長とともに急に怒り出して暴力を振るうことが増えて、学友から嫌われてしまったのだ。15歳まで学校に通っていたものの、ほとんど勉強しなかったため、読み書きもろくにできなかったと伝えられている。

 16歳になったキャサリンは、両親と同じく、と畜場で働くようになった。最初は掃除など簡単な仕事だけをしていたが、昇進してと畜した動物をさばくようになった。一匹丸々さばくスキルを身につけ、自分専用のナイフを与えられると、とても喜んでいたという。それからは長年、動物の皮を剥ぎ、内臓を取り出し、出荷用にさばき続ける日々を送った。

■マッチョ男性にDV、それでも相手には事欠かない

 恋愛となると、キャサリンはしばしば感情をあらわにして激情したが、それも愛しているからこそだと男たちに思わせた。時には暴力も振るっていたが、ブルーカラーの男たちはマッチョなプライドがあるため、女にDVされたなどと他言しないと計算していたのだろう。耐えかねた男が逃げても「私たちは一緒にいるべきなんだよ」と自分のもとに戻るよう命じた。

 キャサリンが初めて結婚したのは1974年。2番目のパートナーとは1986年に出会い、3番目の男とは1990年に出会った。男が途切れたことはないが、別に美人なわけでも頭が良いわけでも、気の利く会話ができるわけでもない。ただセックスはうまかった。

 

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像6キャサリンと最初の夫デビッド。画像は「Daily Mail」より引用

 最初の夫は処女を捧げたデビッド・ケレット。18歳で結婚式を挙げた夜「うちの両親は結婚式の夜5回ヤッたって!」と5回射精するよう求めた。しかし、デビッドは結婚式で酒を飲み続けていたこともあり3回しかイケず、激怒したキャサリンは彼の首を締めた。

 そして、この日を境に感情の振れ幅が激しくなり、機嫌が良いと思ったら急に怒り出しては、デビッドに暴力を振るうようになった。ナイフをちらつかせることもあり、デビッドは心底嫌気がさし浮気をするようになった。20歳のキャサリンが最初の子供を妊娠している時も浮気をしており、彼女の精神状態は非常に不安定になっていった。

 1976年5月11日、キャサリンは長女メリッサを出産。その6週間後、彼女は割れたビール瓶でデビッドを刺そうとした。デビッドは「これ以上一緒にいたら殺される」と思いつめ、ついに浮気相手と家出した。

 キャサリンは荒れ、赤ん坊を乗せたバギーを激しく揺らしながら外を歩き、車が行き交う道路にバギーをつき落とそうとして警察に保護され、精神病棟に入院させられた。キャサリンは抗うつ剤を与えられて退院したのだが、すぐに生後12週目の我が子を頻繁に列車が行き来する線路の上に放置、自宅の庭で斧を振り回しているところを通報され、再び精神病棟に入院させられた。

 しかし、キャサリンはその日のうちに精神病棟から自主退院し、近隣に住む女性の顔をナイフで切りつけ、デビッドの母親の家まで車で連れて行けと命令する。「デビッドの母親を殺せば、デビッドが戻ってくる」という浅はかな考えを実行しようとしたのだ。

 あえなく、デビッドの母親一家は人質となり、キャサリンの車に押し込められた。しかし、ガソリンを入れるからとガソリンスタンドに立ち寄った際に、「この子は喘息で薬がいる」と息子の一人を解放するように一家が頼んだ。解放されたこの息子がすぐに警察に通報したため、キャサリンはデビッドの母親に危害を加える前に警察に保護された。キャサリンは警察で「殺す!殺す!」と大暴れしたが、起訴されることなく、また精神病棟に送り込まれた。

 この頃、デビッドは妊娠した浮気相手と上手くいっていなかった。キャサリンが精神病棟に入院していることを知らされると、彼は「自分が悪かった」と迎えに行くことにした。デビッドは自分の母と共にキャサリンを車で迎えに行き、次にキャサリンの母親が面倒を見ていた娘・メリッサを迎えに行った。

 しかし、キャサリンの母親はデビッドの顔を見るなり、車の窓越しに彼の首を締めた。それを見たキャサリンは、自分の母親を拳で頭を殴り始めた。後部座席にいたデビッドの母親は唖然とし、なんと暴力的な親子なのだろう、キャサリンがおかしいのは母親がおかしいからなのかと頭を抱えたと回想している。

 その後、デビッドはキャサリンとクイーンズランド州に移住。デビッドは長期トラックの運転手となり、キャサリンは近くのと畜場で働くようになった。自分の仕事に生きがいを感じていた彼女は、ベッドの横の壁にナイフをかけ、時折うっとりと眺めていたという。

 この頃からキャサリンは子供を虐待するようになり、デビッドの目を盗んで浮気を繰り返すようにもなった。浮気がバレたこともあったが、キャサリンは「もう一回チャンスをちょうだい」と言い、直後には2人目を妊娠する。浮気はおさまったものの、デビッドに対するDVが再び酷くなった。

 ある夜のこと。遅く帰って来たデビッドの頭を、キャサリンは鉄製のフライパンで思い切り殴って頭蓋骨骨折させた。デビッドは命からがら近隣住民に助けを求め、病院に搬送され入院。やがて無事退院したデビッドだが、自宅に戻ると真っ青になった。バスタブに自分の私物全てが放り込まれて燃やされていたからだ。

 デビッドはキャサリンのことを傷害事件で起訴することもできたが、子供達のためにと耐えた。だが、浮気相手たちにちやほやされたことが忘れられないキャサリンの方が、デビッドに愛想をつかし、彼のもとを去ったのだった。

 

■逃げ切った男たち

 キャサリンは1986年、鉱山夫のデヴィッド・サンダーズと交際を開始した。しかし甘い日々は1年半ほどしか続かなかった。サンダーズは、常に浮気を疑われ「自分と一緒に時間を過ごしてくれない!」とヒステリックに暴行を振るうキャサリンに嫌気がさすようになった。

 キャサリンの暴行ははさみで切りつけるなどエスカレートしていった。「別れる」と言われて逆上し、サンダーズの目の前で彼の愛犬が産んだ生後8週の子犬の首を切り裂いて殺したこともあった。彼の妹宅にショットガンを片手に現れ「たった今、デヴィッドを射殺した」と言ったこともあった。彼女の行動はめちゃくちゃだった。

 犬のことがあってから、サンダーズは何度もキャサリンと別れようと努力した。友人宅に身を寄せたりもした。でも、体の相性が良すぎたのか、セックスでごまかされたのか、別れることができなかった。そして1988年、2人の間に娘が生まれた。しかしキャサリンの態度は変わらず。別れを決意したサンダーズは彼女に見つからないようにと細心の注意を払った。見つかったら殺されると思ったからだ。そして彼は無事に逃げ切ったのである。

 必死にサンダーズを探していたキャサリンだったが、と畜場で働くジョン・チリングワースと出会い、心を惹かれるようになる。ジョンと性的関係を結んだキャサリンはようやくサンダーズのことを諦めた。その後すぐに妊娠し、1991年、彼女にとって初めての息子が誕生。しかし、チリングワースとは殴り合いの喧嘩を繰り返すようになる。

 これまでの男たちはキャサリンにやられてばかりだったが、チリングワースは相手が女であっても思いっきりやり返す男だった。力で負けると思ったのかキャサリンは彼のもとを去った。そして、後に自らの手で殺害することとなるジョン・プライスと付き合うようになった。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像7ジョン・プライス。画像は「Daily Mail」より引用

■ジョンとの生活

 キャサリンとジョン・プライスが出会ったのは1993年10月、2人とも38歳のときだった。キャサリンは3人の男との間にもうけた子供4人を連れていた。一方のジョンも3人の子持ちだった。

 ジョンは仕事熱心で、現場に一番乗りで到着するような真面目な男だった。大酒飲みだったが、仕事ぶりは高く評価されていた。タバコも吸い酒も飲み、バーでたむろするのが好き。そんな彼はキャサリンのことを「似た者同士」だと思い込み意気投合した。セックスの相性も最高だったようだ。

 だがキャサリンはしばらくするとジョンを罵り、暴力を振るうようになった。ジョンの子供達は「父の体にはキャサリンに刺された傷痕があった」と証言している。交際を始めて1年半、キャサリンはジョンに結婚したいと求めた。だがジョンは「すまん。お前とはセックスだけが目的で付き合ってるんだ」とバカ正直に伝えたという。

 ジョンの家に入りびたりになっていたキャサリンは、結婚してくれない彼に腹をたて、彼の子供達に「あんたはジョンの子じゃないんだよ。あんたの母さんが浮気して出来た子なんだ」といじわるを言い、傷つく子供達を見てニタニタ笑った。

 嫌がらせの矛先は当然ジョンにも向かった。ジョンは職場のゴミに出されていた期限の切れた薬箱を家に持ち帰っていたのだが、キャサリンはこれを「ジョンが盗んだんですよ」とビデオを撮影してまでタレ込んだ。これが原因でジョンはクビになってしまった。

 ジョンが無職になれば彼女も困るはず。だがキャサリンは、復讐するためならどんなことになっても構わないという女性だった。嫌がらせばかりするキャサリンにほとほと嫌気がさしたジョンは「家から出て行け!」と叫んだが、彼女は「出てって欲しいなら1万ドルよこしな」と逆に要求する始末。キャサリンの暴行は日に日に酷さを増していった。

 所構わずジョンに暴言を吐き、暴力を振るうキャサリンを見て、ジョンの友人たちは「別れた方がよい」と説得するようになる。ジョンも一度は友人たちの言葉に従い、キャサリンを家から追い出したこともあった。しかし、キャサリンに「私たちは一緒にいるべきでしょ」「今度こそ上手くいく」と言われ、3ヶ月後にはあっさりと彼女と復縁してしまった。ジョンはこの一件で多くの友人を失うことになった。

 なお、復縁の理由はセックスだったと見られている。彼女のセックステクニックは最高な上、名器で、男を魅了し離さなかったようなのだ。

 ジョンはキャサリンと復縁したものの、すぐに後悔するようになる。キャサリンは全く変わっておらず、喧嘩ばかりふっかけてくる。暴力も振るう。ジョンは友人に電話をかけてキャサリンにされたことを明かし「もし自分に何か起こったら、警察に証言してほしい」とまで話した。

 キャサリンのヒステリーに耐えられなくなり、警察に彼女を家から追い出したいと相談したこともあった。しかし、彼女が生活をしている家から追い出すことは、たとえその家がジョンのものであったとしても、裁判所からの退去命令を取得しなければ無理だと言われてしまった。

 

■そして惨劇が

 ジョンは殺される48時間ほど前から、自分の身に起こることを悟っていたと見られている。

 殺される2日前の夜、ジョンがふと目を覚ますと、ベッドの足元にキャサリンが立っていた。両手は後ろに組んでおり、ジョンは「ナイフを隠し持っている」「刺される」と直感。家を飛び出して友人に助けを求めた。

 翌日、ジョンは自分と子供達にキャサリンが近づけないよう、接近禁止令を取得する手続きを始めた。心配して声をかけてきた再就職先の現場のボスにも、これまでキャサリンからされてきたことを全て打ち明け、「彼女に殺されると思う」と話していた。近所に住む仲の良い友人にも「もし、お前が出勤する時、俺の家に車があったら、すぐに警察に通報してほしい。彼女が俺を殺したってことだから」と頼んでいた。

 そこまでキャサリンに恐怖心を抱いていたジョンだったのに、それでも彼女からのセックスの誘惑には勝てなかった。2000年2月29日夜、キャサリンは黒のランジェリーを持参してジョンの家に行った。酒を飲み、一緒にテレビを観て、激しいセックスをした。そして、疲れ果てて眠るジョンをキャサリンは襲ったのである。

 殺害直後、彼女はシャワーを浴び、着替えて自分の車を自宅の駐車場へと移動させた。ジョンの財布から盗んだカードでATMから金もおろしている。真夜中に500ドルずつ何回かに分けて引き出している記録が残っているが、この金は現在にいたるまで見つかっておらず、彼女がどこかに隠したものと見られている。

 その後、ジョンの家に戻ったキャサリンはと畜場で鍛えたテクニックをフル活用した。彼の皮膚を綺麗に剥ぎ取り、頭部を切り落とし、キッチンのコンロの上に置いた大鍋に入れた。背中の肉をそぎ取ってステーキにし、野菜を添えてジョンの2人の子供の名前を書いた紙を置き、子供たちに食べさせようとした。ジョンのもう1人の娘のことは気に食わなかったのか、用意はせず、代わりに彼女の写真をナイフでブスブスと刺した。そして子供達に、「もし、私があなたたちの父親を手に入れられなかったら、誰も手に入れられないってことなのよ」と置手紙を残した。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!の画像8キッチン。画像は「Daily Mail」より引用

■オーストラリア女性で初の終身刑に

 裁判でキャサリンは無罪を主張。途中で有罪を認めたものの、動機は話さなかった。裁判で殺人現場の写真が提示されたときも無表情だった。時にはヒステリックに騒ぎ立てたこともあった。

 精神鑑定の結果は精神病ではなく、パーソナリティ障害だった。キャサリンの家には、大量の暴力的な映画や映像のVHSがコレクションされていた他、様々な動物や鳥の剥製がディスプレイされていた。残酷なものを好み暴力的な性格ではあるが、罰が受けられないほどの精神的な病気ではないと判断されたのだ。

 キャサリンは、女性としてオーストラリア史上初となる仮釈放なしの終身刑囚人となった。62歳になったキャサリンは現在も刑務所に収監されているが、今なおジョンを殺害した理由、なぜバラバラにしたのか、料理したのかなどの理由は明かしていない。

参考:「Case File」「Ranker」「Daily Mail」ほか

文=堀川英里

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【閲覧注意】夫を解体し人肉料理を子供に提供!生首鍋も…残虐行為繰り返す世界最凶悪妻殺人鬼キャサリンがエグすぎ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル