【閲覧注意】バラバラ死体を鍋でグツグツ煮込む衝撃カニバリズム映像! 客に人肉を提供したレストランの噂との関連は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180705_cannibalism_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 ナイジェリア南部アナンブラ州で2015年、あるホテルのレストランが、動物の肉ではなく人肉を客に出したとBBCが報じた。

 このレストランに警察が立ち入ると、ビニール袋に入った血の滴る人間の頭が残っていた。また、自動小銃のAK-47や手榴弾を含む武器も発見された。警察は事件の関係者10人を逮捕したという。

 地元住人の1人は、「市場へ出かけるとき、いつもそのホテルで奇妙なことが行われている様子を目にしました。決してこぎれいな身なりとはいえない人々や、ちょっと風変わりに見える人々が出入りしていたので、私は彼らの活動に疑念を抱いていました。ショッキングな事件が明るみに出ましたが、私は何も驚いてはいません」とBBCに語った。

 当時、そのレストランで食事をした司祭は、自分が食べた食事の代金に衝撃を受けた。この国の平均賃金の約4倍である700ナイラ(約215円)も請求されたからだ。「案内係は私の反応に気づいて、私が食べた小さな肉がとても高価なのだと言いました。まさか人肉を食べさせられたとは思いませんでしたし、その人肉はとにかく高かったです」と語っている。

 そして、この事件との関連が疑われる映像が、海外の動画共有サイト「LiveLeak」で公開された。大きな鍋でグツグツと煮込まれている人間のバラバラ死体――。切断された腕も足も、生首も血まみれだ。鍋の周りを取り囲む人々からは、笑い声さえ漏れている。この地域では、カニバリズムが日常茶飯事なのだろうか?

 おぞましい動画が存在している一方、BBCは人肉レストランのニュースは誤報だったと認め、謝罪した。この件について、BBCは次のように述べて、再発防止に努めるとした。

「私たちが報じたナイジェリアのレストランに関するニュースが誤報だったことをお詫びします。不正確な情報だったにもかかわらず、BBCは適切なチェックをしないまま報道してしまいました。私たちは当該ニュースを削除しましたが、今回の件がどのようにして起こったのかを明らかにするため、緊急の調査を開始しました」

 BBCのニュースが誤報だったなら、LiveLeakの動画はいったい何なのだろうか? 映画のワンシーンであろうか? アフリカでは、現在でもしばしばカニバリズム事件が起こっている。動画が完全にフェイクだとは言い切れないところに恐怖を禁じ得ない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

5:匿名2018年7月 7日 05:53 | 返信

頭そのまま煮込むのかい
水も入れてないから焦げそう

4:匿名2018年7月 7日 00:00 | 返信

いとなゆらなさはリヤ

3:匿名2018年7月 7日 00:00 | 返信

2:匿名2018年7月 6日 23:59 | 返信

コメント投稿出来ない

1:匿名2018年7月 6日 23:59 | 返信

これはかなり前に他のサイトで出てますよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。