「7月22日富士山噴火の予言」発覚! 東京は7つに分割し… 最強予言者ゲリー・ボーネルが断言!

「7月22日富士山噴火の予言」発覚! 東京は7つに分割し… 最強予言者ゲリー・ボーネルが断言!の画像1ゲリー・ボーネル氏「ゲリー・ボーネル公式ツイッターアカウント」より引用

 6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源地とするマグニチュード6.1、震度6弱の地震が起きた。この地震で3人が死亡、けが人は240人以上にのぼった。この地震は、大阪では観測史上初となる巨大地震だったこともあり、ネット上では東海大地震・南海トラフ巨大地震の前触れでは……? といった憶測も流れている。

 巨大地震も気になるが、これまでの歴史を振り返ると、巨大地震が起きた後、富士山が連動して噴火するというパターンが多い。来るべき巨大地震に備えることも大事だが、我々は富士山噴火に対しても大きな警戒をすべき時が来たのだ! ここで、予言研究家である筆者・白神じゅりこが富士山噴火を予言している予言者の情報をお伝えしよう。


■「世紀のアカシックリーダー」予言者ゲリー・ボーネル

「アカシックレコード」とは、宇宙の創生から終わりまでの全ての記録が収められている巨大な図書館のようなもの。その「アカシックレコード」にアクセスすることができるアカシックリーディングの第一人者こそゲリー・ボーネルである。

 ゲリー・ボーネルは、1948年アメリカ・カリフォルニア州に生まれた。幼少の頃から体外離脱ができた彼は、やがて「アカシックレコード」にアクセスできるようになる。1974年に家具の会社を起業し大成功を収めた彼は、その後、起業コンサルティングや、広告・マーケティングの分野で活躍。そのかたわら、欧米を中心にスピリチュアルセミナーや講演会を行っている。心理学者、哲学博士、催眠療法家の肩書がある。
 
 多才な能力を持つゲリー・ボーネルだが、過去から未来の全記録が収められている「アカシックレコード」にアクセスして読み取ることで未来に起きることが予言できるのだという。ゲリー・ボーネルはこれまで「9.11同時多発テロ」、「阪神淡路大震災」「東日本大震災」などといった大事件や天変地異を予言、的中させてきた。

 そのような優れた予言者とされるゲリー・ボーネルの予言を、筆者が読み解いていこうと思う。
 

■コインチェック不正流出事件を予言か?

「7月22日富士山噴火の予言」発覚! 東京は7つに分割し… 最強予言者ゲリー・ボーネルが断言!の画像2画像は「YouTube」より引用

 ゲリー・ボーネルが昨年末に「YouTube」で発表した2018年の予言では、動画の7分頃からこのようなことを語っている。

「日本の大きな銀行の2つがハッキングされてデータが流出したということが発覚する。犯人は北朝鮮である。北朝鮮は世界を敵に回して戦争をしようとしており、その道具のひとつがハッキングである」

 2018年1月26日、日本の仮想通貨取引所のコインチェックから580億円分のNEMがハッキング被害で流出するという事件が起こった。コインチェックをハッキングした犯人は諸説あったが、「北朝鮮のサイバー部隊が関与している可能性が有力」と言われている。

 580億円分のNEMは、ダークウェブ上の闇サイトで別の仮想通貨に換金され、マネーロンダリングが完了した後、札束に囲まれてニッコリした金正恩が「Thank you!!!」と言っているコラージュ画像が貼られていたのである……。だが、わざわざ金正恩氏の画像が使用されていることから北朝鮮関与説の可能性は低いとも言われているのだが、真相は不明だ。

 6月12日、 歴史上初の米朝首脳会談が行われた。友好ムードのなかで終わったものの、また北朝鮮がどんでん返しの裏切りをしてトランプ大統領を激怒させるかもしれない。そうなれば世界を敵に回して戦争をしかねない。

 仮想通貨取引所は、仮想通貨を預けておくこともできることから、銀行のようなものと考えることができる。なので、ゲリー・ボーネルは、コインチェックの流出事件を予言していたと言えるだろう。そして、今年中にあともう1つ、どこかの銀行から不正流出が起きると予言しているから要注意だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ