• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】 九州北部

kishuu1356_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 1986年に公開された西村昭五郎監督のロマンポルノ映画『赤い禁猟区・ハードコアの夜』では、愛人との逢瀬を重ねる夫への不満から、麻生かおり演じる妖艶な人妻が、若い無名画家のヌードモデルとなったことをキッカケに逢瀬を重ねていく様子が描かれているが、男女の別を問わず、こうした不貞行為と、その相手方への報復じみた行為は、古くから“儀式”として正当化されていたフシがある。


「まあ、もともとね、自分が不倫してるわけだから、何をされても文句は言えないわな。けどさ、仮に何をやっても許される状態だからと言って、ああいうことをおおっぴらにやるっていうのはどうなんだろうね」


 かつて自身が生まれ育った九州北部のとある地域に存在していたという“不倫にまつわる奇習”についてそう語るのは、現在も当地で枝豆農家として暮らしているという、桑田敬三さん(仮名・81)。桑田さんの話によると、その昔、当地においては、夫が浮気をすると、その“報復”として、妻が他の男性と交わることが認められていたのだという。


「家庭持ちの男がね、よその女と“そういう関係”になったことがわかるとさ、まず、村の人間全員が集まって、“裁判”みたいなことが行われるのよ。それで“クロ”となるとね、村の男衆たちから参加者を募ってさ、その浮気旦那の前で嫁と交わるっていう儀式が行われるっていう話よ」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。