• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 カナダのクリエイターがフィアンセの女性を惨殺した事件で先日、終身刑が言い渡された。彼はフィアンセを数時間にわたって暴行を加えて頭部を切りつけ、大量に出血させた末に命を奪ったという。裁判ではそのあまりにも非情でむごたらしい犯行を、彼女の遺体を検分した検視官が証言している。

murderousauthor1.JPG
ブレイク・レイベル(37歳) 「New York Post」の記事より


■ウクライナ出身のモデルが惨殺される

 2年前の2016年5月26日、米カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのアパートメントで惨殺された女性の遺体が発見された。遺体の身元はウクライナ出身のモデル、イアナ・カシアンさん(当時30歳)。死因は顔面と頭部を切り裂かれたことによる失血死である。

 カシアンさんはハリウッドを拠点に活躍するカナダ人クリエイターのブレイク・レイベルのフィアンセで、2人の間に子どもが生まれたばかりであった。

 ホラー漫画やホラー小説、ビデオゲーム制作やシナリオライター、映画監督といった幅広い分野で活躍していたブレイク・レイベルだったが、周囲の話によればカシアンさんの妊娠・出産に伴って言動がおかしくなりはじめていたということだ。そしてこの時期、レイベルには別の女性関係もあったという。

 事件当日、日付が変わったばかりの深夜1時40分、愛犬のポメラニアンの散歩に出ていた27歳の美容師の女性が、路上で明らかにレイベルとカシアンさんと思われるカップルを目撃している。2人はケンカをしていて、黒いロングヘアの女性のほうはひどく取り乱しており、みすぼらしい身なりのカーリーヘアの男性のほうは怒鳴り散していたという。

「彼女は彼から離れたがっていたわ」と女性は「ハリウッド・リポーター」誌に話している。そしてこの後、狂気の犯行が行なわれたのだ。

コメント

2:匿名2018年7月16日 05:30 | 返信

育ちが悪いだけじゃこんなにはなんねぇよ

1:修復不可能の毒スプレーの部屋/2018年7月16日 00:39 | 返信

レイベルってこういう猟奇的な殺人の欲望の為に女と一緒に住んでたって事じゃないの?シンドローム作ったのもレイベルだし。育ちが悪いとこうなるんじゃないん?

まともな人間は殺人(生殺生)をやりたいなんて頭にも無い事だと思う。やはり全世界の人間には脳にチップを入れて監視が必要。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。