【閲覧注意】「小箱に詰められた女」事件 ― 7年監禁・拷問“完全なる性奴隷”を育てた鬼畜キャメロン・フッカー!

関連キーワード:

,

,

,

■絶対的服従

 1978年夏、キャメロンとジャニスは国道99号沿いの広大な土地を購入し、そこにトレーラーハウスを設置し住むようになった。「ケイ」という奴隷名を与えたコリーンも連れて行った。地下室はなかったため、コリーンは奴隷・性奴隷として働いている以外の時間は、棺桶のような箱の中に入れられて蓋を閉められ、夫婦のベッドの下に押し入れられた。

【閲覧注意】「小箱に詰められた女」事件 ― 7年監禁・拷問完全なる性奴隷を育てた鬼畜キャメロン・フッカー!の画像6コリーンが閉じ込められていた箱。画像は「News.com.au」より引用

 叫び声など誰にも聞こえないような広大な土地で、コリーンは壮絶な拷問を受けるようになる。チェーンを手首足首をつけられ、少しずつ体を引き伸ばすという拷問器具で痛めつけられるようになったのだ。キャメロンはコリーンを拷問することに夢中になり、ジャニスは次第にコリーンに嫉妬し、嫌うようになっていった。コリーンはジャニスの代わりに拷問を受けてくれる生贄なのにも関わらず、だ。

 誘拐から2年が経つと、コリーンは首輪を外し、敷地内で庭仕事をするようになり、敷地外に出ることも許されるようになった。彼女はすでに自分の意思では行動を起こさない、そうキャメロンは確信していた。事実その通りで、コリーンは敷地の外に出て、多くの人々とすれ違っても助けを求めることはしなかった。それどころか「カンパニーのスパイかもしれない」と誰とも目を合わせず、接触するのも避けた。

 キャメロンはコリーンが完全に洗脳されているのかを試すため、1980年12月のクリスマスの日、実家に電話をかけて「好きな人ができてその人と一緒に暮らしているから心配しないで」と言えと命じた。コリーンは懐かしい父親の声を聞き、涙を流しながらもキャメロンの命令に従った。「助けて」とは言えなかった。

 絶対的に服従する奴隷を手にいれたと大喜びのキャメロンは、ジャニスが家を開けるたびにコリーンを強姦しまくるようになっていく。やがて、拷問よりも強姦する方が多くなっていった。


■両親との再会

 1981年3月、キャメロンはコリーンに「お前の両親に会わせてやろう」と言い出した。喜ぶコリーンに、キャメロンは「条件がある」と拳銃を手渡した。銃口を口に入れたまま引き金を引けというのだ。拳銃には実弾が入っているかもしれず、もし入っていたら当然死ぬことになる。コリーンは怯えながらも、ためらうことなく拳銃を口の中に入れて引き金を引いた。キャメロンの命令は絶対だからだ。キャメロンは「コリーンが躊躇なく命までも自分に捧げる」ほど洗脳できていることを確認してから、コリーンと2人だけで彼女の実家に向かった。

 車中で、キャメロンは「俺はお前の婚約者」「俺はエンジニアの仕事をしており、転々としている」「俺の仕事の都合で近くまで来たから家に寄った」など、彼女の両親に話す設定を教え込んだ。そしてもちろん「お前の両親に会っている間、カンパニーのメンバーたちが家のそばにスタンバイしている。もしお前が契約を破るようなことをしたら、お前だけでなくお前の両親や家族全員を抹殺する」と脅すことも忘れなかった。

 コリーンの実家でキャメロンは自己紹介した後、自分は仕事があるからと姿を消した。コリーンは警察に電話することも両親に訴えることもできたが、カンパニーの存在が怖くて何もできなかった。問題ないように振舞い、「幸せ」だと心にもないことを口にした。

 24時間後、キャメロンから電話が入り「10分後に迎えに行く」と言われたコリーンは絶望的な気分になったが、両親に悟られないように振る舞った。2人が家を去る時、コリーンの継母が「記念写真を撮りたいわ」と言ったときも精一杯の笑顔でキャメロンに抱きついた。継母はキャメロンに住所や電話番号を教えて欲しいとしつこく頼んだが、キャメロンは笑顔で「申し訳ない。実は今、引越しの真っ最中で。新居に落ち着いたら手紙を書きますから」とかわした。

【閲覧注意】「小箱に詰められた女」事件 ― 7年監禁・拷問完全なる性奴隷を育てた鬼畜キャメロン・フッカー!の画像7コリーンの家で撮られた記念写真。画像は「Criminal Minds wiki」より引用

 それから3年間、コリーンはほとんど外に出してもらえない奴隷生活を送った。コリーンの絶望感は凄まじいものだったが、キャメロンはそんな彼女の暗い表情を見て喜んでいた。そう、彼は骨の髄までサディストだったからだ。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年10月2日 22:39 | 返信

コリーンさん・・
大変だったけど、心身が無事に戻れて本当に良かったなぁ… ><; キャメロンは2015年になっても変わらない感覚なんだね。 自分のやった犯罪がどういう事か、真っ当に自覚できていたなら 仮釈放の申請なんておこがましくて出来ない気がする。 犯罪者はどこまでも異常ってことか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?