底辺AV女優たちの悲惨すぎるギャラと現状を関係者が暴露! “億り人”相手の乱交パーティー、超危険な“派遣先”も…!

底辺AV女優たちの悲惨すぎるギャラと現状を関係者が暴露! 億り人相手の乱交パーティー、超危険な派遣先も…!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 かつては高給取りのイメージが強かったAV女優たちのギャラが下げ止まらない。関係者の話を総合すると、作品の内容にもよるが、単体女優で1本の上限は80万円が相場。企画単体女優だと15~50万円で、企画女優だと3万円以下だという。(※)

「以前はその2~3割は高かったと思います。企画でひどいのは1万円とか5,000円とか。けっこう体を張っている割には稼げなくなりましたね」(AVライター)

 下げ止まらない背景には以下のような理由があるという。

「まずはネットの影響が大きい。DVDとして売っても、すぐにネット上に無料で公開されてしまう。それに、今では無修正エロ動画がわんさかあるので、何もエロDVDを買う必要がなくなってしまった。メーカーは予算を切り詰めざるをえなくなり、それが女優のギャラに跳ね返っているんです」(AV関係者)

 さらに女優の供給過剰も価格下落に拍車をかけている。

「貞操観念の低下でAVへの敷居が低くなっています。Gカップでスタイルバツグンの美人が自分からプロダクションに応募してくる。『こんな子が?』とビックリさせられますが、その分メーカーは強気の交渉ができるようになっている」(同関係者)

 そして3つ目は、AVの強要問題の影響で業界に漂う停滞感だ。

「大手事務所の関係者の逮捕が相次ぐだけではなく、有識者たちの団体が睨みをきかせるようになって、業界全体が自主規制ムードなんです。どうしても気持ちが委縮しているので、ギャラも弾みにくい」(同関係者)

 では、行き場を失った彼女たちはどうやって稼いでいるのか。最近流行っているのが、仮想通貨でもうけた“億り人”相手の売春だという。事情通が明かす。

※ AV女優は上から順に「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」という3つのランクに分けられている。

「紀州のドンファンのような典型的な富裕層相手の売春ビジネスは今も昔もありますが、新たなカテゴリとして、仮想通貨でもうけた“にわか成金”たちが増えている。約580億円が不正流出したコインチェック社の事件などで仮想通貨は低迷が続いていますが、事件前に売り抜けたやつらは億単位で儲かった。彼らが開く“乱交パーティー”にAV女優が派遣されているんです」

 つい最近も、クルーザーでAV女優10人と男20人の乱交パーティーが繰り広げられたという。女優たちも割り切っているので良い小遣い稼ぎになっているようだ。しかし、さらなる“派遣”もある。

「海外です。ある仲介人がツイッターをはじめとするSNSで募集をかけているんですよ。中国やアラブ諸国などの富裕層相手の売春なので、ギャラも良い。渡航費、現地滞在費を除いて50万円はくだらないと言われています。SNSの進化で、女優たちが海外にデリバリーされる時代になったのです」(同事情通)

 だが、ここにきて問題も起こっているという。

「海外に派遣された後、連絡が途絶えて行方不明になっている例が出ているらしい。何が原因なのかわかりませんが……。もともとグレーな商売なので、事務所も警察に届けてわざわざインターポール経由で捜索するなんて大仰なことはしたくない。現地のガチ変態たちに陵辱されているのかもしれませんし、もうこの世にいないかも。SNSのおかげで手軽になった分、リスクは大きいでしょう」(同事情通)

 安易なビジネスには、大きい落とし穴が待っていると言えそうだ。

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

底辺AV女優たちの悲惨すぎるギャラと現状を関係者が暴露! “億り人”相手の乱交パーティー、超危険な“派遣先”も…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル