• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 旅行中、宿泊したホテルで霊と遭遇し、楽しい思い出となるはずが恐怖体験として一生のトラウマになってしまった――トカナ読者にそんな経験はないだろうか? この度、筆者は取材を兼ねて大阪の下町「新世界」に向かったのだが、そこで“出会って”しまったのだ……!

shinsekai_2.jpg
日中の新世界


■「日本一危険な街」の片隅で

 もともと筆者は、小ぎれいで治安の良い街よりも多少汚くて危険が伴うような場所を好む性格なので、あまり国内旅行はしてこなかった。しかし、新世界は日本で間違いなく別格、刺激に満ちた異世界としか表現しようがない。

 暴力団事務所やホームレスが多く、「日本一治安が悪い街」と言われる「あいりん地区」に隣接する新世界。かつて、新世界のコンビニやパチンコ屋のトイレには「注射器を捨ててはいけません」という注意書きが貼られ、夜になると路地裏で暴力団による臓器売買交渉も行われていたとか。そんな地域にある数多くの店舗が、業種を問わず自称「日本一」を競い合い、ド派手なインパクト勝負の看板を掲げている。串カツの「大統領」、ゲーセンの「ザリガニ」などなど摩訶不思議なネーミングも見られる。

 ちなみに今回、筆者が足を踏み入れた時は、路上生活者や昼間からの酔っ払いには遭遇したものの、暴力団員に出会うことはなかった。


■ホテルで霊障連発!

shinsekai_1.jpg
一見すると普通のホテルだが……

 さて、筆者が宿泊したのは新世界にある一泊2,600円の格安ビジネスホテルである。JR某駅から徒歩3分、地下鉄御堂筋線の某駅から徒歩1分と、非常に便利な立地だ。建物自体は古いが3畳ほどの部屋はキレイで、Wi-Fiも無料、お茶やコーヒーまでサービスである。「こんなに条件が良くて、本当に2,600円!?」と料金設定に驚いたが、新世界では珍しくないようだ。

 ただし唯一、どうしても気がかりだったのは、部屋の重い空気だ。魔女である筆者は霊の存在を感じ取ることができるが、そこに何体かの霊がいたのである。どこに行っても多少の霊がいることは当たり前なのだが、その部屋の空気には平均よりも明らかに強い霊の力がはたらいており、何らかの願望まで感じられた。

コメント

4:匿名2018年7月25日 14:56 | 返信

魔女である筆者は…(笑)

3:匿名2018年7月24日 20:35 | 返信

ユリア、朝5時に寝るとかもっと健康的な生活しろよ
そんな場所で夜中飲み歩いてたら、襲われるんじゃね?

2:匿名2018年7月24日 20:00 | 返信

ユリアも 
将来 何かやらかす霊になるのか?
www

1:匿名2018年7月24日 18:13 | 返信

中二病乙とだけ言っておこう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。