• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 東京都内で40.3度を記録するなど、気象庁も災害レベルと表現する猛暑が続くさ中、アメリカで恐ろしい研究が発表された。気温が急上昇すると、その月は自殺率も高くなるというのである。米「CNN」をはじめ、世界中の大手マスメディアが取り上げ、大きな話題となっている。

0724climatechange-3.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 北極圏で30度を越えるなど、日本のみならず世界中で猛威をふるう今年の猛暑。ある研究によれば、2050年までに地球の平均気温は2度上昇するといい、夏場の暑さは今後もひどくなる一方の可能性が高いといわれている。夏の暑さは時には死を招くほど身体に堪えるが、今月学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文によると、その影響は精神にも及ぶという。米国とメキシコで月の平均気温が1度上昇するごとに精神的な幸福感が減少し、自殺率も上昇するというのである。

 研究を行ったのは米・スタンフォード大学などの共同チームで、米国やメキシコ各地の気温と自殺率のデータを解析したほか、2014~2015年にSNSに米国から書き込まれた約6億件もの投稿についても調査した。すると、平均気温が1度上昇すると、月間の自殺率が米国で0.68%、メキシコで2.1%上昇したことが分かった。また、月平均気温の上昇とともにSNS上では抑圧的な言葉が増えていたという。

0724climatechange-1.png
画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年8月30日 10:01 | 返信

さてと、
まずは暑さと自殺の相関関係を示しておいて、
つぎにやることは、、、えっと、
再びHAARPで気象を操作して猛暑を演出し、
それから、
暑さに乗じて自殺のサブリミナルを電波に紛れ込ませて、、、、

やれやれ、アジェンダ21行動計画はなかなか大変なんだよ。

2:匿名2018年7月25日 21:04 | 返信

最近激暑か激寒かの二択しかないな・・・ 
オリンピックも東京暑すぎるから、イギリス筆頭に各国が選手に弊害ありと騒ぎだしたね。
日本は遮熱塗装の路面整備と街路樹大量植栽するらしいけど・・・ そんなんで冷えるの?
蚊が活動停止する環境なのにね、害虫が動けない東京の街づくりって間違ってんだろ。

1:匿名2018年7月25日 20:13 | 返信

もう暑いのイヤだ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。