スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!

 東京都内で40.3度を記録するなど、気象庁も災害レベルと表現する猛暑が続くさ中、アメリカで恐ろしい研究が発表された。気温が急上昇すると、その月は自殺率も高くなるというのである。米「CNN」をはじめ、世界中の大手マスメディアが取り上げ、大きな話題となっている。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 北極圏で30度を越えるなど、日本のみならず世界中で猛威をふるう今年の猛暑。ある研究によれば、2050年までに地球の平均気温は2度上昇するといい、夏場の暑さは今後もひどくなる一方の可能性が高いといわれている。夏の暑さは時には死を招くほど身体に堪えるが、今月学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文によると、その影響は精神にも及ぶという。米国とメキシコで月の平均気温が1度上昇するごとに精神的な幸福感が減少し、自殺率も上昇するというのである。

 研究を行ったのは米・スタンフォード大学などの共同チームで、米国やメキシコ各地の気温と自殺率のデータを解析したほか、2014~2015年にSNSに米国から書き込まれた約6億件もの投稿についても調査した。すると、平均気温が1度上昇すると、月間の自殺率が米国で0.68%、メキシコで2.1%上昇したことが分かった。また、月平均気温の上昇とともにSNS上では抑圧的な言葉が増えていたという。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード