スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!

 東京都内で40.3度を記録するなど、気象庁も災害レベルと表現する猛暑が続くさ中、アメリカで恐ろしい研究が発表された。気温が急上昇すると、その月は自殺率も高くなるというのである。米「CNN」をはじめ、世界中の大手マスメディアが取り上げ、大きな話題となっている。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 北極圏で30度を越えるなど、日本のみならず世界中で猛威をふるう今年の猛暑。ある研究によれば、2050年までに地球の平均気温は2度上昇するといい、夏場の暑さは今後もひどくなる一方の可能性が高いといわれている。夏の暑さは時には死を招くほど身体に堪えるが、今月学術誌「Nature Climate Change」に発表された論文によると、その影響は精神にも及ぶという。米国とメキシコで月の平均気温が1度上昇するごとに精神的な幸福感が減少し、自殺率も上昇するというのである。

 研究を行ったのは米・スタンフォード大学などの共同チームで、米国やメキシコ各地の気温と自殺率のデータを解析したほか、2014~2015年にSNSに米国から書き込まれた約6億件もの投稿についても調査した。すると、平均気温が1度上昇すると、月間の自殺率が米国で0.68%、メキシコで2.1%上昇したことが分かった。また、月平均気温の上昇とともにSNS上では抑圧的な言葉が増えていたという。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 

 メンタルヘルスと季節の関連はかねてより指摘されており、例えば冬には世界中の人々のおよそ5%に情動の変化がみられるという。今回の研究で明らかになったのは、暑い夏とメンタルの関連であり、研究者らによると、猛暑は人々に社会への参加の意欲を低下させて“閉じ込められているような感覚”や“孤独感”を生じさせ、その結果、時には自殺まで考えさせるという。暑さが脳へ与えるダメージの影響もあると考えられている。また、この傾向は居住する土地や経済状態に関わらず見られたという。

 著者の一人マーシャル・バーク氏は英紙「Daily Mail」の取材に対し、気温上昇が自殺率に与える影響は不景気が与えるのとほぼ同等だと話す。地球温暖化の悪影響は水不足や農作物へのダメージなどが語られることが多いが、自殺というもっと身近な悲劇を引き起こす可能性が高いこともバーク氏は加えて指摘している。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!の画像3画像は「Daily Mail」より引用

 唐突な自殺を描いたサリンジャーの短編『バナナフィッシュにうってつけの日』が猛暑の日だったのかは分からないが、暑さで精神を病み、衝動的に自殺を図ってしまう可能性は分からなくもない。地球温暖化対策は世界的な自殺予防策でもなりうるのだろう。

参考:「CNN」「Daily Mail」「Nature Climate Change」ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

スーパー猛暑で自殺者が急増することが研究で判明! 暑さで生きる意欲低下、脳も壊れて孤独感が増長!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル