月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される! 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」

 またしても月面に奇妙な物体が存在することが明らかになった。これまでにも「エメラルドシティ」、「月面を移動する宇宙人基地」、「ヘルメットを被った屈強なエイリアン兵士」など、あらゆる不思議な物体が発見されてきたが、なんと今回見つかったのは、「食べ残しの骨」である。

 問題の“骨”らしきものを発見したのは、世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏。同氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」の7月19日付の記事にその詳細が写真付きで紹介されている。

 ウェアリング氏によると、この物体を発見したのは2014年のことだが、今になって再び確認してみたのだという。使用したのはグーグルマップとのことだ。なにはともあれ、まずは画像をご覧いただこう。

月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される! 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」の画像1画像は「YouTube」より引用
月面で「食べ残しの魚の骨」が複数発見される! 全長150mの巨大魚か、専門家「空気フィルターの可能性も」の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 どこか見覚えがある形ではないだろうか? そう、魚の背骨にそっくりなのだ! 焼いたサンマの身をほぐして骨を取り出せば、ちょうどこれと同じ形のものが出てくるはずである。まさか月には兎どころかサンマまでいるのだろうか!?  しかも、この骨は1つだけではない。周囲にいくつも転がっているのだ。

画像だと分かりにくいが、ウェアリング氏の分析によると、実はこの“骨”の全長は100〜150m、幅は10〜15mもあるという。月の地下には大量の水が存在すると言われているが、まさかこんな巨大な魚がウヨウヨしているのだろうか? 少なくとも“かつて”存在した可能性は否定しきれないだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ