南海トラフが各地の断層と連動、日本全土が揺れまくる「全日本大震災」が迫っている! 列島は“大地変動の時代”にガチ突入、絶望的事態

南海トラフが各地の断層と連動、日本全土が揺れまくる「全日本大震災」が迫っている! 列島は大地変動の時代にガチ突入、絶望的事態の画像1画像は「ANNnewsCH」より引用

 6月18日に発生した大阪北部地震(M6.1、最大震度6弱)が「南海トラフ巨大地震」の予兆である可能性について、多くのメディアが取り上げている。やはり「西日本大震災」の発生が差し迫っているようだ。そればかりか、南海トラフ巨大地震がそれ以外のエリアと連動し、日本列島全土を揺らす「全日本大震災」につながる可能性もあるのだ。


■南海トラフ巨大地震の「スーパーサイクル」とは?

 まずは南海トラフ巨大地震の発生周期について、最新の学説を紹介しよう。

 独立行政法人・産業技術総合研究所の宍倉正展氏は、過去の記事でも紹介したが、海溝型地震履歴研究チームの長として、「古地質学」と呼ばれる過去に発生した大地震の地質調査を行った。その結果、500~1000年ごとに仙台市周辺を荒廃させる規模の巨大津波が発生していたことを突き止め、平安時代に東北沖で起きた「貞観地震」(M8.6程度)の再来が近いことを確信。2010年8月の論文で「近い将来に(大津波が)再び起きる可能性を否定できない」と警告したが、東日本大震災として現実となった。

南海トラフが各地の断層と連動、日本全土が揺れまくる「全日本大震災」が迫っている! 列島は大地変動の時代にガチ突入、絶望的事態の画像2画像提供:百瀬直也

 三陸沖を震源とする大地震は数年~数十年に一度のペースで起きているが、宍倉氏らが発見した500~1000年という巨大津波を伴う地震の周期は「スーパーサイクル」と名付けられた。さらに、宍倉氏らが南海トラフの地質調査を行ったところ、南海トラフ巨大地震にも、400~600年の「スーパーサイクル」があるのではないかと考えるようになった。そして、このスーパーサイクルに該当する前回の巨大地震は、1707年の「宝永地震」(M8.4~8.6)かもしれないという。2018年現在、宝永地震から311年経過した段階であり、危機は迫っていないようにも思えるが、宍倉氏は「短いかもしれないが、(スーパーサイクルに)なってもおかしくない」(MBS、2018年6月20日)と警告する。


■「西日本大震災」の呼称こそふさわしい

 次に、大阪北部地震が南海トラフ巨大地震の前触れかもしれないと危惧する学者の見解を紹介しよう。

 京都大学教授の鎌田浩毅(ひろき)氏は、大阪北部地震について、これから発生する大災害の「序章」にすぎないと語る。現在、日本列島の地下の状況は、9世紀に貞観地震が起きた時と非常によく似ており、「東日本大震災に誘発された約1000年周期の地殻変動と、西日本で約100年周期に起こっている地殻変動の2つがちょうど重なりあって、複数の地震を連鎖的に起こす『大地変動の時代』に入った」(文春オンライン、2018年6月23日)と警告する。そして鎌田氏は、次の南海トラフ巨大地震の被害額が20年間で1410兆円に達すると見込まれていることから、「西日本大震災」の名称こそふさわしいと提唱する。

南海トラフが各地の断層と連動、日本全土が揺れまくる「全日本大震災」が迫っている! 列島は大地変動の時代にガチ突入、絶望的事態の画像3イメージ画像:「Thinkstock」より

■恐ろしすぎる連動が待ち構えている!

 しかし、ここで西日本大震災よりも“何倍も恐ろしい事態”が待ち構えているかもしれないことをお伝えしなければならない。それは、南海トラフ巨大地震が、(南海トラフ内の3つの領域はもとより)それ以外のエリアと連動し、M9クラス以上の超巨大地震が列島各地を続けざまに襲う可能性だ。とりわけ危険と思われるエリアを紹介しよう。

・ 相模トラフ
 南海トラフ(東海地震エリア)の東に隣接する相模トラフは、18世紀の宝永地震で南海トラフ地震と連動して動いた。15世紀には、南海トラフ巨大地震の3年前に相模トラフで巨大地震が起き、鎌倉の大仏殿が流されている。南海トラフと相模トラフが連動すると、神奈川県をはじめ首都圏でも甚大な被害が発生する恐れがある。

・ 日向灘
 九州南部の東沖にあるこのエリアでは、M7クラスの大地震が繰り返し発生している。もしも南海トラフ巨大地震と連動した場合、日向灘では割れる断層が全長600km以上となり、M9弱の巨大地震につながると予測されている。

・ 琉球海溝
 南海トラフの西に隣接する琉球海溝だが、実はこの両者は一続きになっている。従って、連動して巨大地震が起きればM9クラスとなる可能性も地震学者によって指摘されている。なお、琉球海溝が単体で動いた場合でも1771年4月24日の八重山地震(M7.4~8.7)のように巨大地震化したケースがある。名古屋大学・古本宗充氏は、「報道ステーション」(テレビ朝日系、2012年6月21日)で「静岡から琉球海溝まで一連のものとして動く可能性が、まだ残っている」と語っている。

・ 糸魚川―静岡構造線
 新潟県から静岡県にかけて縦断する“日本で最も危険な”大断層帯だが、神戸大学の石橋克彦名誉教授は、南海トラフと糸魚川―静岡構造線断層帯が連動し、M9クラスの巨大地震が起こる可能性を発表している。

・ 中央構造線
 西日本を横断する“日本最大級の”大断層帯で、17世紀の慶長大地震のように、南海トラフと中央構造線の大地震が同時期に発生した例がある。厳密にいうと連動ではなく誘発だが、たとえば慶長大地震では、慶長伊予地震→慶長豊後地震→慶長伏見地震と巨大地震が次々誘発された。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

南海トラフが各地の断層と連動、日本全土が揺れまくる「全日本大震災」が迫っている! 列島は“大地変動の時代”にガチ突入、絶望的事態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル