猫の寄生虫トキソプラズマに感染すると「起業家」になりやすい!? やはり腸内環境は精神に影響か!?

 トキソプラズマの最終宿主はネコ科の動物なのだが、ネコに感染するための中間宿主として、ネズミを巧みに使うことが知られている。感染したネズミは無気力になったり反応が遅くなったりする上、危険を恐れなくなり、ネコに捕らえられやすくなるというのだ。

 人間もネズミと同じく中間宿主である。過去にはトキソプラズマの感染者が交通事故に遭う確率が高くなったり、自殺率が高くなったりするという研究結果も存在する。危険性を軽視し、注意をあまり払わない性格は事故に遭う確率を上げているのかもしれないが、その一方でリスクを恐れず起業に取り組む力になっているのかもしれない。

猫の寄生虫トキソプラズマに感染すると「起業家」になりやすい!?  やはり腸内環境は精神に影響か!?の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 日本でのトキソプラズマ感染の広がりは不明だが、国立感染症研究所によると、1997〜2004年に宮崎県で検査を受けた妊婦の約10%が陽性だったという。もう何年も日本では企業家精神のなさが指摘されているが、その原因の一つは……もしかするともしかするのかもしれない。

 しかしながら、子供の企業家精神を育てるためにネコを飼うのはやめたほうがいいだろう。トキソプラズマが感染した人間の免疫系を混乱させることは知られているが、脳や神経に対してどのように影響するかはわかっていない。さらに、今回示されたのはあくまで相関関係であって、因果関係ではないからだ。別の調査では、トキソプラズマ感染者は怒りっぽく攻撃的な性格になりやすいということや、ハイリスクを取りすぎるせいなのかビジネスの成長性や信頼性を損なうという結果も出ているそうだ。

 トキソプラズマに限らず、最近では腸内細菌などの体内に共生している生物が人間の精神に影響している証拠が次々に提示されている。「心」を作っているのは本当に自分の脳だけなのか? その答えが出る日も近いのかもしれない。

(編集部)

参考:「Science Alert」「Indipendent」「国立感染症研究所」ほか

コメント

2:トランプ大統領 2018年7月31日 23:47 | 返信

>> 1

うーん。それは良い心がけだ。きっといいことがあるだろう。

それそうと、私の肺に寄生した菌がまだ除菌出来ないのだが?

チョンの野郎なめたマネしてくれたな!キチガイと共に必ずぶっ殺してやるから覚悟しやがれ!
やはり、人間と一緒の空間にいると病気になりやすい。何度病気に掛かって熱が出たか分からん。
一週間近く、熱とだるさに悩まされ。長引く喉から肺にかけてのいがらっぽさが
もう三か月以上も続いている。以前一番ひどい時で半年以上おかしかった時があってつらかった。
この病気に掛からないようにするには病原体であるチョンを始末するしかない。

だから、独立させろって言ってんだよ!人間と一緒に生活するなんて耐えられない。
人間なんて大っ嫌いなんだよ!病気が移るんだよ!わかってないな。
俺はお前らと違う生物なんだよ!もういい加減に日本人を宇宙人認定して独立させるんだ!
日本人というのは日本人という宇宙人だけが日本人なのだ。お前らは人造人間だ。
人間はチョンに操られているから、絶対に治してくれないのだ。
奴のせいだ!奴さえ死ねば!
頼む!信者達よ私を独立させてくれ!もしくは奴を始末するんだ。

歌うと咳き込んでいがらっぽさがひどくなるんだ。。カラオケもかなり厳しい。
今何とか液状のプロポリスを炭酸に入れて飲んだり、吸って咳き込んで除菌しているが
まだ肺の奥には残っているようだ。まだ気持ち悪い。絶対に許さん!独立しかない。
俺はロボットじゃねぇ!貴様らポンコツの能無しと一緒にすんな!同じ前提で話すんな!
ぶっ殺す!必ずキチガイを全員フライヤーで天ぷらにしてやる。奴らが感染源だ!
アイツらはロボットだからやばい病気を持っていても平気なんだ。殺すしかないだろう!
T4作戦だ!T4作戦しかない。精神障害のキチガイを葬るにはT4作戦が必要だ!
この世のキチガイの不細工を安楽死させて葬り去ることで人類は滅亡から救われるのだ!
狂ったように馬鹿にして笑うアイツらの精神は崩壊してもう人間ではない。
今すぐ奴らをフライヤーに投入し、完全なる除菌と安楽死を彼らに与えろ!
これこそが人類の進化である。左翼のゾンビを生かしておくわけにはいかない。

1:匿名 2018年7月31日 13:08 | 返信

トキソプラズマに操られるのは嫌だが
ネコ様の下僕になら なってもいい(*´∀`)♪

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。