1年断食しても生きていた伝説的デブの実話! 蓄えた脂肪を使い、排泄は50日間隔に… -125kg壮絶ダイエット詳細と体の変化とは!?

関連キーワード:

,

,

,

1年断食しても生きていた伝説的デブの実話! 蓄えた脂肪を使い、排泄は50日間隔に… -125kg壮絶ダイエット詳細と体の変化とは!? の画像1画像は「Thinkstock」より

 1年以上何も食べずに自分の脂肪だけで生き延びた伝説の男をご存知だろうか?

 米国のサイト「Snopes」(7月25日付)によると、1965年に極度の肥満だった英国人男性が1年と17日の医療的断食を行い、125kgの減量に成功したという。にわかに信じがたい話だが、ファクトチェックを専門に行っているSnopesによれば、これは間違いなく真実だというから驚きだ。

 この話が事実であることは、この男性(通称:Mr. A. B.)について書かれた1973年の症例記録が残っていることからも分かる。それにはこうはっきりと書かれている。

「数年前、極度の肥満症の若い男性が治療を申し入れてきた。当初は、この男性を長期に渡って断食させる意図はなかったが、環境によく適応し、また、“理想の”体重へ早く到達したいという彼の意欲のため、彼の断食は世界最長のものとなった。382日間の断食中、彼の体重は206kgから81kgにまで減少した。排泄は37日~48日間隔だった。断食終了から5年後もMr. A. B.は88kgを維持している」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ