【衝撃】永久凍土で4万2000年も氷漬けだった虫がマジで復活! 人体の冷凍保存研究にも劇的進歩、しかし世界滅亡の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

 ロシア・シベリアの永久凍土から採取された土壌中の線虫を、4万2000年ぶりに“復活”させたというニュースが話題となっている。今月27日付の「Science Alert」ほか、多数メディアが報じている。

0727siberian-1.jpg画像は「Daily Mail」より引用

■数万年ぶりに蘇った線虫

 線形動物(線虫)は土壌や海中、そして動物の体内まで、地球上の様々な場所に生息する細長いニョロニョロとした生物である。その一部はほとんどの生物が死んでしまうような冷凍状態でも生きながらえることができるとされているが、このたびロシアとアメリカの研究者らが、なんと4万2000年も前に永久凍土に閉じ込められた線虫を蘇らせることに成功したという。

 永久凍土の中から復活した線虫は2種類。一つは2015年にシベリア北東部のアラゼヤ川で採取された地下約3.5メートルの土壌サンプルから見つかった約4万1700年前のPlectus属の線虫、もう一つはやはり北東部を流れるコリマ川流域で採取された地下約30メートルに埋もれていたリスの巣から見つかった約3万2000年前のPanagrolaimus属の線虫だ。

0727siberian-2.jpg赤い点が線虫のいた場所。画像は「Daily Mail」より引用

 発見場所はロシアで最も寒いとされる地域とされ、ウーリーマンモス復活プロジェクトで生息地候補とされている場所も近いという。過去9000年にわたり、最も暖かい場所でも1.5メートルほどしか解けたことがないとされる。

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

関連キーワード

コメント

6:匿名 2018年8月1日 07:49 | 返信

数万年前の線虫と 現代の線虫が
進化もせず まったく同じだったら
逆にすごいな

5:匿名 2018年7月31日 20:29 | 返信

線虫が復活したら何故世界が滅亡するの???

4:匿名 2018年7月31日 19:22 | 返信

モンスターバースが現実になる的な話じゃないのか

3:匿名 2018年7月30日 20:46 | 返信

線虫のことは、数日前から知っていた。
相変わらずの安定した遅さだね。
それと、どうしていつも蛇足なわけ?
つまらないこと考える時間があったら、捏造せずに記事をありのままに書け。
いつも、初歩的なことができていないぞ。

2:ブラジル 車 大麻 悪臭 村田工 フェリーチェ 2018年7月30日 18:22 | 返信

遺伝子保管なら分かるけど人間を冷凍してって
メリットあるの?脳みそだけ生かすとか人間の構造で限界があると思うけどw死後は腐る生き物だし所詮。脳みそだけ生かしてもその脳みそは認知症になるかもだし。

1:匿名 2018年7月30日 14:17 | 返信

滅亡とかわざわざ書く必要ある?
タイトル詐欺というか、何としても滅亡させたいんだな…

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。