【衝撃】永久凍土で4万2000年も氷漬けだった虫がマジで復活! 人体の冷凍保存研究にも劇的進歩、しかし世界滅亡の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

 研究者たちは冷凍されていた線虫を、栄養の含まれた培地と共にペトリ皿に置き、20度ほどの暖かい場所に数週間放置した。すると線虫は徐々に数万年の眠りから目覚めて生命の兆候を見せるようになり、今ではエサを食べるなど完全に復活したという。なお、蘇った線虫はいずれもメスだと見られている。

0727siberian-3.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 研究チームは、更新世の線虫が示した適応メカニズムが低温医学や低温生物学などの分野に重要なデータを与えるだろうとしている。論文は専門誌「Doklady Biological Sciences」に発表された。

 現在のところ、人間のような複雑な生物を冷凍し、解凍させて復活させる技術は存在しないが、その研究開発にも、今回の発見は大きなインパクトを与えると見られる。また一方、研究は永久凍土に潜む危険も示唆している。もし凍土が溶けてしまった場合、土壌中に冷凍された微生物や線虫のような小さな生物が蘇る可能性は否定できず、それがどのような影響を与えるかは予想もつかない。

 太古から蘇った小さな線虫は、人間に冷凍睡眠技術の夢を見せるだけでなく、温暖化の新たなリスクも突きつけている。

(編集部)

参考:「Siberian Times」「Science Alert」「Daily Mail」「Doklady Biological Sciences」ほか

関連キーワード

コメント

6:匿名 2018年8月1日 07:49 | 返信

数万年前の線虫と 現代の線虫が
進化もせず まったく同じだったら
逆にすごいな

5:匿名 2018年7月31日 20:29 | 返信

線虫が復活したら何故世界が滅亡するの???

4:匿名 2018年7月31日 19:22 | 返信

モンスターバースが現実になる的な話じゃないのか

3:匿名 2018年7月30日 20:46 | 返信

線虫のことは、数日前から知っていた。
相変わらずの安定した遅さだね。
それと、どうしていつも蛇足なわけ?
つまらないこと考える時間があったら、捏造せずに記事をありのままに書け。
いつも、初歩的なことができていないぞ。

2:ブラジル 車 大麻 悪臭 村田工 フェリーチェ 2018年7月30日 18:22 | 返信

遺伝子保管なら分かるけど人間を冷凍してって
メリットあるの?脳みそだけ生かすとか人間の構造で限界があると思うけどw死後は腐る生き物だし所詮。脳みそだけ生かしてもその脳みそは認知症になるかもだし。

1:匿名 2018年7月30日 14:17 | 返信

滅亡とかわざわざ書く必要ある?
タイトル詐欺というか、何としても滅亡させたいんだな…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。