【閲覧注意】極限まで鍛えたペニスの最終奥義! 誰がぶら下がってもちぎれない、超人的股間になった中国拳法の達人

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】極限まで鍛えたペニスの最終奥義! 誰がぶら下がってもちぎれない、超人的股間になった中国拳法の達人の画像1画像は、「Liveleak」より

 SMプレイの一種に「金蹴り」がある。これは、金玉を蹴り上げるプレイのことで、多くの場合、M男とS女の間で行われる。M男は、S女に蹴られた股間の痛みに悶絶するが、同時に性的興奮を覚えるのだ。

 このような特殊性癖は別として、一般的に男性は股間を攻撃されると弱い。格闘技ですら、トランクスより下への攻撃は「ローブロー」と呼ばれ、通常は反則である。昨年6月、韓国のソウルで開催された総合格闘技大会「ROAD FC 039」で、韓国のマイアング・ヒュンマンと中国のアオルコロが対戦したが、試合開始わずか7秒後にアオルコロがまさかのダウン。というのも、ヒュンマンがアオルコロの股間に蹴りを入れたからだ。アオルコロはボブ・サップを約30秒で下したほどのファイターだが、急所の痛みには勝てなかった。

 しかし、男性ならではの弱点を克服しようとする猛者たちもいる。彼らの股間の力強さを、海外の動画共有サイト「Liveleak」から紹介しよう。

 仁王立ちする全裸の僧侶と、彼を取り囲む僧侶たち――。なんと、全裸の僧侶の股間に、1人の僧侶がぶら下がっているではないか!? ぶら下がっている僧侶は、まるでロープウェイの遊具で遊んでいるかのようにブラブラと揺れている……。しかし、全裸の僧侶は痛がる様子もなく正々堂々としている。人体の神秘に脱帽すると同時に、男なら思わず目を背けたくなるような映像である。

 今回紹介した動画に限らず、しばしば中国では驚くほどの強度を誇る男性器を見せつける男たちが話題となる。2014年には、カンフーの達人である男性(当時32)が80キロのレンガを睾丸に吊るして持ち上げたというニュースが、英紙「Mirror」などで報じられた。昨年は、やはりカンフーの達人である男性(当時39)が、連結された7台の車を睾丸に括り付けたロープで引っ張り、8メートルの距離を移動させる動画が公開された。英紙「The Daily Mail」などでも取り上げられて、ネット上で大いに話題となった。

 一連の動画やニュースからは、中国拳法を極めると、股間が鋼のような丈夫さになって、超人の域に達するということがわかる。しかし、そんな超人たちが歩んできた道は決して生易しいものではないはずだ。一般人は絶対に真似をしてはいけない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?