剛力彩芽、ラブラブ投稿の裏でスタッフが激怒する本当の理由とは?インスタ謝罪文は“事務所の意向”確定か!?

関連キーワード:

,

,

,

剛力彩芽、ラブラブ投稿の裏でスタッフが激怒する本当の理由とは?インスタ謝罪文は事務所の意向確定か!? の画像1 おのろけ全開だ。女優・剛力彩芽が7月29日、交際中の「スタートトゥデイ」前澤友作社長の写真を自身のインスタグラムにアップした。剛力は同16日に投稿した“サッカーW杯観戦デート”投稿が物議を醸し、同22日に「私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、御心配をおかけしてしまい申し訳ありません」いう謝罪コメントのもと、過去のインスタ画像を全削除。この時点で、多くの人が「今後は前澤氏とのラブラブ投稿は控えめにするのでは?」と思ったはずだ。

 ところが、だ。その2日後にインスタを再開した剛力は「皆さまの意見を聞けたこと。想いを聞けたこと。とても、嬉しかったです。反省すべきところもたくさんです」という言葉とともに、満面の笑顔写真を添付。撮影者は前澤氏だった。

 さらに同29日には、昼寝をする前澤氏の写真をアップ。「飾らない自分を見せられる場所は大切。たまにはゆっくり休んでねっ」と労り「お仕事が毎日大変そうな彼。少しでも支えになれたらいいなっ。だからこそ私も成長していかなきゃ」との思いをつづった。同時に過去の投稿をすべて削除した理由について「環境も気持ちも今までとは変わったのでInstagramもゼロから挑戦したいと思ったのが理由です。今まではなんとなくお仕事の宣伝を載せていたのもあり、中途半端さも感じていたので、新しくしたいと思い削除に至りました。炎上したからとか彼を連想させる投稿をしたから、消したということではありません」と説明した。

 こうなると、22日に出したあのコメントは何だったのか? ということになる。声明文では「改めて、私はお芝居が大好きです。お芝居を仕事にさせていただけていることは自分の夢でもあったし、実際に数々のお仕事をいただく中で、たくさんの貴重な経験と勉強をさせていただきました」「今、私がここにいられるのは、紛れもなく皆さまのおかげです。与えていただいた環境やチャンスを無駄にせず、お仕事でもプライベートでも自分のできることは諦めずに全力で吸収しやり遂げ、足りないところがあれば勉強し、少しでも皆さまの笑顔につながるようなことがしたい」などと、ファン・仕事最優先を誓っていたはずだが…。スポーツ紙記者の話。

「あの声明文は剛力本人ではなく、事務所スタッフの意向が働いたものである可能性が出てきてしまいましたね。現在、彼女の所属する『オスカープロモーション』内部はガチャガチャで、昨年末から数十名の社員が会社の方針に反発して退社。今回も剛力と前澤氏の交際を大目に見ているK社長に対し、現場レベルでは危機感を募らせています。あの声明文もチーフマネジャー以下が『このままでは今まで積み上げてきたイメージが崩れる』との思いから出したもの。でも剛力はそんなことお構いなしで、再びラブラブ投稿をするに至った。K社長が剛力と前澤氏の言動を容認しているから、社長以下のスタッフは異論を唱えることができない。古くから支えてきたスタッフからは『もうどうでもいい』と声も聞こえてきます」

 今回の騒動を経て「あれ?剛力って本当はこんなキャラだったんだ!?」と面食らった人も多いはず。それが吉と出るか、凶と出るかはわからないが、剛力がコントロール不能に陥っていることだけはたしかだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ