【閲覧注意】“超速斬首オヤジ”の連続早業に震えが止まらない! 子ヤギの頭が次々に… 動物の生贄儀式は文化か虐殺か!?=インド

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】超速斬首オヤジの連続早業に震えが止まらない! 子ヤギの頭が次々に… 動物の生贄儀式は文化か虐殺か!?=インドの画像1画像は、「Liveleak」より

 インドには、現在でも動物を生贄に捧げる儀式を行うヒンドゥー教徒がいる。こうした儀式はヒンドゥー教全般で見られるわけではなく、土着の信仰と融合して発展したといわれる。中でも、ベンガル地方などで盛大に開催される「ドゥルガー・プージャ」と呼ばれる祭りでは、戦争の女神であるドゥルガーの伝説にちなんで動物たちが生贄とされる。また、他の伝説にも生贄を要求した神についての記述があり、それがインド各地で行われる生贄儀式の根拠となっている。

 動物を生贄に捧げる儀式には文科的・宗教的な背景があるとはいえ、その残虐さには思わず目を背けたくなる。そんな血なまぐさい現場の様子を、海外の動画共有サイト「LiveLeak」から紹介しよう。

 上半身裸でスキンヘッドの男性が地面に膝立ちして、手には曲刀を持っている。彼の前には真っ赤な血だまりがある。そこへ白い子ヤギが差し出される。男性は子ヤギを目の前に引っ張っていったかと思うと、振りかざした曲刀を一気に振り下ろした。一瞬で子ヤギが斬首されてしまった。しかも、殺される子ヤギは1匹ではない。次々と差し出される子ヤギを、男性は何のためらいもなく屠っていく。手際よく一発で首を切り落としていく男性は“斬首のプロ”といってもよいだろう。彼の横には、血だまりの中に積み重なった子ヤギの首なし死体が見える。脊髄反射なのだろうか? 死体はしばらく手足をばたつかせている。その光景がいっそう憐れみを誘う。

 こうした儀式に対して、インド国内でも「動物虐待だ」という声が上がっている。2014年には、ヒマーチャル・プラデーシュ州の高等裁判所が、州内のヒンドゥー教寺院におけるヤギの虐殺を禁止するという判決を下した。裁判は、動物の権利を守るために活動する団体の提訴から始まった。裁判官は「生贄の儀式は、無垢な動物に多大な痛みや苦しみをもたらしている。神々を鎮めるために、野蛮な方法で生贄を捧げることは許されない」としたうえで、生贄の必要性に疑問を呈し、伝統的な儀式は「現代において変化しなければならない」と述べた。この判決に対して、「多数の人々の間にある古くからの信仰と慣習に反している」と抗議する国会議員もいる。ちなみに今月31日、同国ハリヤナ州メワット県では、ヤギに性的暴行を加えて死なせた男8人が指名手配されたというニュースも伝えられている。どうやら、インドに生きるヤギたちは何かと苦渋を味わっているようだ。

 動物を生贄に捧げる儀式は文化か? それとも虐殺か? この議論が一つの結論にたどり着くことはないだろう。しかし、時代の流れの中で、儀式の在り方は変化していくのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?