「UFOとエイリアンの正体はタルパ(思念体)」識者が結論! “人力AR”で宇宙人が実体に… チベット仏教の奥義と関連か!?

 すっかりネット社会となった今、毎日のように世界のどこかで報告されているUFO&エイリアン情報だが、ある作家がそれらのビジュアルが時代と共に変遷していることに気づき考察を深めている。まさに時空を超えた存在であるUFOやエイリアンにまさか“トレンド”があるとは思えないのだが……。

「UFOとエイリアンの正体はタルパ(思念体)」識者が結論! 人力ARで宇宙人が実体に… チベット仏教の奥義と関連か!?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■人類の科学技術が進歩することで“UFO像”が変化している?

 作家のニック・レッドファーン氏がオルタナティブ系メディア「Mysterious Universe」に先日寄稿した記事では、これまでのUFOとエイリアンのビジュアルの変化をたどっている。

 19世紀終盤から20世紀初頭、アメリカとイギリスの空で確認された今日でいうUFOは“幽霊飛行船”と呼ばれていた。この時期、いわゆる“ツェッペリン”と呼ばれる飛行船が多く作られ、第一次世界大戦では戦闘にも使われた。そしてこの時期の未確認飛行物体もまた“ツェッペリン型”であることが多かったのだ。

 1930年代に入ると航空機開発は大きく進展し、空の主役はプロペラ機になった。そしてこの時期のUFOは“幽霊飛行機”と呼ばれていた。パイロットの姿が見当たらない飛行機のことである。さらに第二次世界大戦の頃には大型の爆撃機やヘリコプターの姿も増えて空はさらに賑やかになったのだが、この頃のUFOは“フー・ファイター”と呼ばれ、空中に浮かぶ奇妙な光の球体として多くのパイロットが目撃したといわれている。

「UFOとエイリアンの正体はタルパ(思念体)」識者が結論! 人力ARで宇宙人が実体に… チベット仏教の奥義と関連か!?の画像2Mysterious Universe」の記事より

 その後、今度はロケット開発が進んでくると不思議なことにフー・ファイターの目撃は少なくなり、今度は“幽霊ロケット”が未確認飛行物体として登場してきたのだ。そして1947年7月、あの有名な「ロズウェル事件」によって、UFOが“空飛ぶ円盤”であると認識が広まり、UFO=空飛ぶ円盤となったのである。

 今日でもUFOは空飛ぶ円盤だというイメージはまだまだ色濃いが、最先端の“トレンド”としては三角形型の黒くて大型の未確認飛行物体“フライング・トライアングル”がリアリティを持ちはじめているという。人類の側の科学技術が進歩することで、まさに“トレンド”の変遷のようにUFOのイメージが変化しているのはいったいどういうわけなのか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ