「UFOとエイリアンの正体はタルパ(思念体)」識者が結論! “人力AR”で宇宙人が実体に… チベット仏教の奥義と関連か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■UFOとエイリアンはタルパなのか?

 ここでレッドファーン氏は意外な方向からUFOとエイリアンに切り込んでいる。そのキーワードは“タルパ(Tulpa、トゥルペとも)”である。

 チベット密教の奥義であると言われるタルパは、日本語では思念体と訳されることが多く、強力な思い込みの力によって、頭の中で思い描いているものを現実の世界に出現させることができるという“奥義”である。いわば人力で行なうAR(拡張現実)だ。

aretheytulpas3.JPGWikipedia」の記事より

 レッドファーン氏は最近出版した“スレンダーマン”を題材にした著書『The Slenderman Mysteries』で、このアメリカの都市伝説に登場する背が異常に高く、ガリガリの痩身で長い手足を持った男であるスレンダーマンは実はタルパであると説明している。

「タルパの現象は、古代の仏教の教えに由来するチベットの言葉であり、『顕現(manifestation)』として英語に翻訳されています。この言葉はスレンダーマンを説明する上できわめて適切なものです。本質的にタルパとは人間の心が想像力の強さだけで、そして夢の状態からでも、現実にある程度の代替的な物理的存在をもたらすと主張できるプロセスです。言い換えれば信じられないことに、私たちひとりひとりが、存在しない特定の“モノ”に“生命”の息吹を吹き込むことができるのです」(ニック・レッドファーン氏)

 都市伝説であるスレンダーマンは現実には存在せず、人々の想像力が具現化したタルパであると主張するレッドファーン氏だが、これを後押しするのが魔術師であり祈祷師でもあるイアン・ヴィンセント氏の言葉だという。

「タルパはあなたが祈ったときにあなたの頭の中で思い浮かべたリンゴを視覚化したものです。それはすでにあったものです。しかし、それは当人が信じる信念の強さによって、きわめて大きな変異を遂げます」(イアン・ヴィンセント氏)

 レッドファーン氏はスレンダーマンと同じように、UFOとエイリアンもまた同時代の人々の強い思い込みが具現化したタルパである可能性を指摘している。だからこそ、そのビジュアルイメージは時代によってコロコロ変わるということなのだ。はたしてUFOとエイリアンは我々が“見たいものを見ている”現象なのだろうか。UFOファンの夢を壊しかねない提言ではあるが、あらゆる可能性の1つとしては気に留めておかなければならないのかもしれない。
(文=仲田しんじ)


参考:「Mysterious Universe」、ほか

コメント

4:匿名 2018年8月3日 14:05 | 返信

追加
2018 1月12日(金)夜、筋肉少女帯の大槻ケンヂがパーソナリティを務める番組『大槻ケンヂのオールナイトニッポンPremium』
『UFO事件クロニクル』102ページ イーグルリバー事件
『1961年にアメリカのウィスコンシン州のイーグルリバーに暮らしていたジョー・シモントン(またはサイモントン)が、裏庭にUFOを発見した。

3:匿名 2018年8月3日 13:19 | 返信

大槻ケンジが、おもしろい話を紹介していた。
欧米でのUFO接近遭遇エピソード。
ある人がUFOから現れたエイリアンと遭遇した。パンをもらった。あとで、それを科学者が分析した。普通のパンだったが、塩分が異常に少なかった。
西洋の古い伝説では、妖精は塩を嫌う、と伝えられてきた。
つまり、昔、妖精の姿で現れていた何かが、今はUFOから現れたエイリアンに偽装しているのか?

2:匿名 2018年8月3日 13:17 | 返信

大槻ケンジが、おもしろい話を紹介していた。
欧米でのUFO接近遭遇エピソード。
ある人がUFOから現れたエイリアンと遭遇した。パンをもらった。あとで、それを科学者が分析した。普通のパンだったが、塩分が異常に少なかった。
西洋の古い伝説では、妖精は塩を嫌う、と伝えられてきた。
つまり、昔、妖精の姿で現れていた何かが、今はUFOから現れたエイリアンに偽装しているのか?

1:匿名 2018年8月3日 12:38 | 返信

確かに面白い仮説ではあるが、、、?

クロップサークル(ミステリーサークル)も初期のころは人が踏み固めて作ったと思われても仕方がないような、チャチな描画だったが、
今のクロップサークルは誰が見ても、とても人が作ったようなものでないことが分かる。

ココから単純に二つの仮説が考えられる。
一つは、実は人類の最先端技術は私達の想像を超えて遥かに進んでいて、その技術で描いているということ。
二つ目が、人類でない者が描いていて、描画の技術が向上してきているというもの。

一つ目の仮説は矛盾している。地球上でそれだけの技術を持っている者たちは、どちらかと言えば宇宙人の存在を隠したがる者たちだろうから、むしろ高知性の地球外生命体の隠ぺいを図りたい者たちだ。クロップサークルを作る意味がない。

だから二つ目の仮説の方が現実味がある。

同様にUFOや宇宙人の姿も、宇宙人側が、地球人に地球外生命体が存在すると、認識しやすいように時代の波長に合わせて目に映る形態を変えてきていると考えた方が無理がないと思うけど?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。