• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。


オウム真理教、謎の“分派グループ”を追う

 今月6日、坂本堤弁護士一家殺害や地下鉄サリン事件など、オウム真理教による一連の事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定していたオウム真理教の元教団代表・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)など教団元幹部7人の死刑が執行され、さらに今月26日に残る死刑囚6人の死刑が執行され、死刑囚13人全員への執行がされた。

oumuzanto.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 オウム真理教は、1996年1月に宗教法人としての法人格を失い、2000年2月には破産手続きと共に消滅。その後、教義や信者を引き継いだ後継団体として「アレフ(現在はAlephに改称)」が誕生していたが、その中から07年5月に上祐史浩幹部らの“脱麻原派”が分派し、別の仏教哲学サークル「ひかりの輪」を設立した。さらに15年1月以降、Aleph内部の意見対立により信者約30人が分派して、山田美沙子氏を代表者とする新たな団体「山田らの集団」(公安調査庁が定めた便宜上の呼称)を立ち上げ、石川県金沢市などで活動をしている。

「Aleph」「ひかりの輪」「山田らの集団」の3団体については、公安調査庁がオウム真理教の後継団体として認め、団体規制法の監視対象となっている団体だ。しかし、実はもう1つ、現在はほぼ消滅状態と見られているものの、オウム真理教の“分派グループ”が存在する。

 それが、北沢優子被告を代表者とする、通称「ケロヨンクラブ」である。

「原点に帰る」という意味で、“カエル”のマスコットを持ち歩いていることに由来すると言われている。

 本誌は、この「ケロヨンクラブ」をめぐり、実は今年に入って関係者に動きがあったという情報をキャッチした。


過激な修行で知られる「ケロヨンクラブ」とは何者か?

 ではここで、「ケロヨンクラブ」について少し説明しよう。代表者である北沢優子被告は元オウム真理教信者であり、「麻原尊師の継承者」を自称する原理主義者であった。その後、95年のオウム真理教強制捜査後にオウム真理教から分裂し、通称「ケロヨンクラブ」の代表者となった。しかし北沢優子被告は05年9月、部下に指示をして東京都中野区のアパートでケロヨンクラブの女性メンバー(当時36)を竹刀で叩き死亡させたとして、14年に懲役8年とする判決が確定したという人物だ。ちなみに、竹刀で叩くことは、修行の一貫だったという。

 この「ケロヨンクラブ」については、これ以外にも数々の信じがたい修行内容が明らかとなっており、その過激な修行により複数の死亡者を出していることでも知られている。オウム真理教の修行の一つでもあり、50度近い熱湯に20分近く入る「温熱修行(温熱療法)」や、ひたすら坂を転がり続ける「コンコロリン」という修行、生きたミミズを1000匹食べる「ミミズ供養」など、常軌を逸した修行が存在する。

JY201807_1.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 本誌解説員でジャーナリストの竹村明氏は、「実は今年に入り、北沢優子被告に動きがあった」と解説する。

「代表者である北沢優子被告は、判決が確定して以来、刑務所に収監されています。しかし、公判中に末期がんと診断され、その後、刑の執行が停止され都内の病院で治療を受けていました。しかし、今年に入ってから突然、再び刑務所に収監されたのです。北沢優子被告の病が良くなったとは考えづらいため、これは“オウム真理教に関する死刑執行を示唆する動きだった”とも考えられているのです」

 もしそうであるならば、国家の都合により病院と刑務所を行き来することになったということだろう。昨今のオウム真理教に関する法務省の動きについては、懐疑的な見方をする者は少なくない。

 今月6日に執行された麻原彰晃の遺体引き取りについて、法務省は「麻原元死刑囚は、刑が執行される直前に自らの遺体を四女に引き渡したいと拘置所職員に言い残していた」という趣旨の説明をしている。しかし、麻原彰晃が遺体の引き渡し先に「自ら四女を指名するとは考えづらい」と疑問を呈する声が多数上がっている。


オウム真理教の“決着”をこれほど急ぐ理由とは?

「麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚には、妻との間に4人の娘、2人の息子がいます。そのうち、妻、二女、三女、二人の息子の計5人が『要求書』という形で遺体の引渡しを求めています。そこに、長女と四女は含まれていません。長女は健康状態が良くないと言われていますが、四女については罪を犯した父親を断罪し、父母に対する推定相続人の廃除を横浜家裁に申し立て、2017年10月に認容決定がされています。このことから、敢えて四女に遺体の受け取りを希望するということは考えづらいでしょう。真相は不明ですが、証言を記録した映像なども存在していないので、国がねつ造したのではないかと疑われても仕方ないでしょう」(前出・竹村氏)

 オリンピックや天皇継承を控えた中で、1カ月の間に13人もの死刑執行。闘病中の身でありながら、突然の再収監を余儀なくされたケロヨンクラブの代表者。麻原彰晃の遺体引渡しをめぐる、出来すぎとも思える遺言――。

 オウム真理教による一連の事件をめぐる死刑囚について、全員の死刑が執行され、真相は闇の中となった。国家による異例続きの対応も、これで終わりということか。
(文◎朝比奈ゆう)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:【速報】<オウム真理教>残る元幹部6人への死刑執行
(関連記事:<オウム幹部7人死刑執行>麻原元死刑囚の遺体を火葬、その場所は?
(関連記事:【速報】オウム真理教による新たな「女性信者殺害事件」が発覚!
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:<オウム真理教>社会に蠢く謎の分派「ケロヨンクラブ」とは?

コメント

6:匿名2018年9月17日 16:28 | 返信

教祖が刑務所に入った後もさんざん人殺しを続けておいて、
それが冤罪ではない事も100%明らかでありながら
病気したら病院の中で税金で治療してもらえるなんて、良い身分だな。
信者・部下へ犯罪を指示していたクソ教祖と違って、この女には生かしておくだけの情報や価値はないだろうに。

袴田さんのような冤罪の可能性を思うと、そのシステムはあるべきだとは思うけど
これほどの大罪人に病院治療の人道的な対応は不要だと思うのは私だけか?

5:トランプ大統領2018年8月 4日 04:06 | 返信

>>4

すべてが茶番だ。事件から死刑まで、チョンの作った劇なんだよ。
チョンが私を仮にでも殺したいので、麻原を私に例えて
遺骨を渡すのが四女なのは4(死)を与えるというくだらない理由であり
7人が先に死刑になり6人が後なのは南無(76)だから。
執行日も7月6日で南無にしてあるし、合わせて13人なのは
13番は私の番号であって、サリンで死んだのも13人というのは意図的に数を合わせている。
死亡したのを確認していないので死刑囚が本当に存在して死んでいるのかすら疑わしいが
でっち上げなのはシナリオだから当然なのだ。
坂本性はチョンなので、弁護士が殺されたのは
チョンが俺に殺されたから仕返しするという意味だろう。
いや、チョンよ、お前が自分で死ねばすべて解決だろ?
こんな、くだらないことをしなくて良くなるんだぞ?
人の話聞いているのか?コラ

4:匿名2018年8月 3日 22:40 | 返信

なんかさ新興宗教にハマる奴って基本的に幼稚だよな
だからこそあんなミエミエの嘘偽りを信じ込んでハマってしまうんだろうけど

3:匿名2018年8月 3日 21:50 | 返信

めんどくせぇ 
麻原&付き人は
拘置所内に 無縁仏の墓作って 入れてしまえ

2:匿名2018年8月 3日 21:44 | 返信

いい加減にオームのステマはやめたら?
TOCANAはオーム賛美、ていうのは知っているが、髭ブタの顔など見たくない。

1:匿名2018年8月 3日 17:09 | 返信

べつに四女でいいんじゃない?捏造だろうがなんだろうが

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。