• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

スプーン」、「マチェーテ」、「ヘルメット」……火星で続々発見されている日用品に新たなレパートリーが加わった。なんと、「ポケットナイフ」が落ちていることが明らかになったというのだ!

 世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」(8月2日付)によると、火星のポケットナイフはNASA火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像の1つに写り込んでいたという。

pocketk_01.jpg
画像は「NASA」より引用
pocketk_02.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

「キュリオシティの写真の中に巨大なポケットナイフを発見しました。このナイフは地球にある古めのポケットナイフにとても似ています。ただ、火星のポケットナイフは30cmほどある巨大なものです。完全に開いたら60cmはあるでしょう。これを使っていたエイリアンはきっと巨大だったに違いありません。ところで、見ての通りナイフは半分開かれた状態で、まさにこれから使用される直前だったようです。何らかの理由でここに落としてしまったのでしょう」(ウェアリング氏)

これまでに「スプーン」や「マチェーテ」も発見されていることを考えれば、この物体がポケットナイフだという可能性も否定はできない。遠い昔に火星人が使っていたのだろうか。

コメント

6:匿名2018年8月 6日 16:06 | 返信

アホ杉てふいたw

5:匿名2018年8月 6日 00:35 | 返信

予算確保のため地球で撮影してましたって
さっさと暴露すりゃいいのに

4:匿名2018年8月 5日 15:00 | 返信

スコットは日本には「鎌」という道具があるのを知らないんだな。
無知なやつだ。

3:匿名2018年8月 5日 13:33 | 返信

こういう記事を率先して書いてくれるトカナ大好き。

2:匿名2018年8月 5日 12:16 | 返信

腹痛いwww

1:匿名2018年8月 5日 10:27 | 返信

どっかのスタジオを写してるだけだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。