• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 火星に“都市”を発見か!? 探査衛星がとらえた火星の地表からは、道路が張り巡らされビルが建ち並ぶ“住宅街”の姿が浮かび上がってきたのだ。


■火星の地表に“住宅街”

 2006年から運用が開始され現在も火星の周回軌道上で日々各種の観測を行っているNASAの多目的探査機がマーズ・リコネッサンス・オービターだ。同探査衛星が収集した火星地表のデータはグーグルアースの火星版である「グーグルマーズ」に有効に活用されている。

 有名なUFO研究家のスコット・ウェアリング氏が運営するUFOブログ「UFO Sightings Daily」の先日の記事では、このグーグルマーズで確認できる“都市”の画像を紹介している。そこには文明の存在を示す痕跡が写り込んでいるのである。

citiesonmars1.JPG
 「UFO Sightings Daily」の記事より

 まるで航空写真のような画像には確かに、道路が延びビルディングが建ち並ぶ“住宅街”の景観が広がっている。ソースはYouTubeチャンネル「Ufoevidence101」に投稿された動画で、そこには解説文も記されている。

 解説によれば、上空から55度の角度で地表を見下ろすことで最も起伏を浮き上がらせることができるという。そして時おり方角を変えて探すこともポイントであるということだ。そしてこの火星の地表には、植物、木、シェルター、洞窟、交通機関、階段、街灯、歩道、路地、シダ植物、人間、動物、円盤型航空機、宇宙船、各種施設が発見できるということだ。火星の地表は実に賑やかなことになっているようだが……。

コメント

7:匿名2018年9月16日 23:35 | 返信

デコード時のJPEGノイズだろ。
NASAが情報独占している可能性も気にくわないが
自称専門家が言うこともまったく信用ならない。
自分の目で見るまでは絶対信じない。

6:匿名2018年8月27日 22:48 | 返信

ビディオの中にgoogle earth ってタイトル出てるけど。

5:匿名2018年8月 9日 12:17 | 返信

火星人はいないと思うが、水があれば火星植物はあると思う。
これは多分植物の跡だね。

4:匿名2018年8月 9日 02:50 | 返信

しんじ!こら!

3:匿名2018年8月 8日 17:32 | 返信

花ビラ大回転って看板がみえますねぇ

2:匿名2018年8月 8日 14:44 | 返信

>>1

残念だがその店は脱税で閉店した。

1:匿名2018年8月 8日 12:32 | 返信

本当だ。
繁盛しているたこ焼き屋もみえる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。