• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

火星の“住宅街” 動画は「Ufoevidence101」より


■NASAは火星の“不都合なモノ”を覆い隠している?

「動画を止めてじっくりと見てみれば、その分より多くのものに気づくことができるでしょう。複雑な構造をしているものもあり、それらは入念に設計して造られたものです。画像のバグや想像の産物だとして片付けてしまうにはあまりにも多くのものがあります」(解説文より) 

 そしてNASAはこうした“不都合なモノ”を覆い隠すために、そうしたものが目立たないカラーリングを施して画像を修正していると指摘している。

citiesonmars2.JPG
 画像は「Google Mars」より

 キュリオシティなどの火星地表にある探査車が光学カメラで火星の様子を撮影しているのに対し、マーズ・リコネッサンス・オービターが搭載しているのは電波望遠鏡の方式で、火星地表を観測したものを再現している。グーグルマーズで使われている“画像”も、オービターが収集したデータを再構築した3Dマップであり“実写”ではない。したがって地形を作為的に修正したり加工しようと思えばいくらでも可能である。

 さらにデータ収集時のオービターの進行方向に沿って、電波を放出した角度から見る風景だけが厳密な意味での正確なマップになるということだ。

 これまでにも火星の地表にはさまざまなモノが発見されているが、こうした文明の痕跡を示す発見は今後もまだまだ続きそうだ。
(文=仲田しんじ)

参考:「UFO Sightings Daily」ほか

コメント

7:匿名2018年9月16日 23:35 | 返信

デコード時のJPEGノイズだろ。
NASAが情報独占している可能性も気にくわないが
自称専門家が言うこともまったく信用ならない。
自分の目で見るまでは絶対信じない。

6:匿名2018年8月27日 22:48 | 返信

ビディオの中にgoogle earth ってタイトル出てるけど。

5:匿名2018年8月 9日 12:17 | 返信

火星人はいないと思うが、水があれば火星植物はあると思う。
これは多分植物の跡だね。

4:匿名2018年8月 9日 02:50 | 返信

しんじ!こら!

3:匿名2018年8月 8日 17:32 | 返信

花ビラ大回転って看板がみえますねぇ

2:匿名2018年8月 8日 14:44 | 返信

>>1

残念だがその店は脱税で閉店した。

1:匿名2018年8月 8日 12:32 | 返信

本当だ。
繁盛しているたこ焼き屋もみえる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。