【閲覧注意】メス猫がオス犬にフェラする光景が激撮される! 陰嚢を揉みしだく肉球、ペニスに絡みつく舌… 濃厚すぎる異種姦!

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】メス猫がオス犬にフェラする光景が激撮される! 陰嚢を揉みしだく肉球、ペニスに絡みつく舌… 濃厚すぎる異種姦!の画像1画像は、「Liveleak」より

 英語の言い回し“like cats and dogs”は、日本語で言うところの「犬猿の仲」と同じく、非常に仲の悪い者同士のたとえとして用いられる。このことからもわかる通り、世界中で犬と猫は相性の悪い動物として認識されがちだ。

 しかし、両者を飼育している人であればわかるように、犬と猫が仲良くなるケースも少なくない。YouTubeで「犬と猫」などのワードを検索すると、彼らが仲睦まじく一緒に暮らしている動画がいくつもヒットする。また、犬と猫にまつわる感動ストーリーもしばしば報道される。

 台湾の首都、台北市で先月30日、車に轢かれて死んだ子猫を口に咥えて運ぶ野良犬の姿が撮影された。英紙「Metro」によると、野良犬は子猫を運びながら、時々地面に子猫を置いて休み、再び咥えて歩き始めたという。この一部始終を撮影していたウ・ヤファンさん(22)は、野良犬が他の野良犬から子猫を守ろうとしていたのだろうと考える。

「このような事件が目の前で起こるなんて、まったくの予想外でした。犬は猫の死体を守っていたんです。猫を轢き逃げしていった車の運転手は、これを見て何というでしょうか? 野良犬は子猫を自ら進んで助けようとしていました。犬は本当に感情を持っているんです」

 ウーさんは最初、犬が猫の死体を食べようとしているのだと思った。しかし、そうではなかった。犬は死体を地面に置くたびにその周りをマーキングし、他の野良犬を寄せ付けないようにした。そして、犬は死体を咥えてウーさんに近づいてきて、それを彼女の足元に落として去っていったという。ウーさんは「犬は、人間が猫を助けてくれると信じて安心したのでしょう」と語る。

 台北市の事件は、感動のあまり目が釘付けになってしまう。一方、別の意味で目が釘付けになる動画が、海外の動画共有サイト「Liveleak」に公開されている。

 仰向けになっている犬と、それに寄り添う猫の姿が映っている。2匹がただ添い寝しているだけかと思いきや、なんと、猫が犬のペニスをしゃぶっているではないか!? 猫はかなり積極的で、犬の陰嚢を掌の肉球で揉みしだきながら、肉棒を舌でペロペロ……。犬は猫から逃れようともせず、なされるがまま。それどころか、よほど気持ちいいのか足がピクピク痙攣している。

 濃厚なフェラチオシーンを見せつけてくれる猫と犬のカップルだが、なぜこのような関係になったのだろうか? 雌犬が自分の乳で子猫を育てたというような話は時々耳にするが、それと同じで、動画の猫は犬のペニスをオッパイと勘違いしているのかもしれない。いずれにしても、「仲良きことは美しきかな」である。

 世界各地で人間同士の争いが激化している一方、犬と猫という異なる種同士でも、ここまで仲良くなれる――。愚かな人間たちも、まだまだ他の動物から学ぶべきことがあるのではないだろうか?
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?