人は誰でも突然「天才」になる可能性が脳研究で新判明! 47.2歳が平均“覚醒”年齢、実例多数… 原因不明!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 音楽や絵画に興味すらなかったのに、ある日突然ピアノを弾けるようになったり、魅力的なイラストを描けるようになるなど、周囲をあっと驚かすような才能に目覚める――そんなドラマチックな出来事が現実に存在するという。研究者によると、才能に目覚めた平均年齢はなんと47.2歳! 怪我や病気といったもっともらしい原因もないのだそうだ。この実に夢のある話を、科学ニュースサイト「Science News」(今月8日付)からご紹介する。

人は誰でも突然「天才」になる可能性が脳研究で新判明! 47.2歳が平均覚醒年齢、実例多数… 原因不明!の画像1画像は「Science News」より引用


■突然開花する才能

 名作映画『レインマン』で描かれたことでも有名なサヴァン症候群。知的障害や発達障害があるにもかかわらず、驚異的な記憶能力や数学や音楽など特定の分野で非常に優れた才能を示す症状を指す。だが、このような天才的な能力が、ごく普通の人々に突如として芽生えることもあるという。研究者によれば、怪我や病気による脳の損傷といった理由もなく、ある日突然、それまでまるで興味もなかった分野の才能に目覚めるのだそうだ。

 先月25日付の「Scientific American」の記事では、突如として才能に目覚めた人々のエピソードが紹介されている。その一人、イスラエルの28歳の男性は、ショッピングモールでたまたまピアノを見かけて弾きたくなったという。ピアノの前に座った彼は、レッスンなど受けていないのに、プロのようにポピュラー音楽を弾くことができた。当人曰く、和音など複雑な音楽の理論が突如として理解できるようになっていて、知っている曲をピアノで演奏する能力があることに気付いたそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ