• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方

widowkishu_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 毎年のように芸能人をはじめとする多くの人々に、不倫・浮気騒動が取り沙汰されることからもわかるように、婚姻関係を持っている男女が、自身のパートナーと別の異性を求める行為というのは、今も昔も変わらないものだ。そうした男女のある意味“悲しい性”とでも言うべき性質は、この日本に「存在していた」または、「現在も存在している」とされている土着的な習慣を一つずつ見ていくと、有史以来絶え間なく続いており、ここから先の時代においても、おそらく消滅することはないであろうと痛感させられるのが実情である。


「昔はね、今みたいに電話やメールもない時代でしたけどね。でも、そういう時代だってね、男と女っていうのは、あれやこれやと工夫しながら、逢引きをしていたもんなんですよ。若い人たちからすればご苦労なことだと思われるかもわかりませんけどね」


 今を遡ることおよそ半世紀前まで、中部地方のとある地域で行われていたという“逢引き”の風習についてそう語りはじめたのは、現在も当地で暮らし、長男と共に食用菊の栽培を行っているという、田中庄一郎さん(仮名・81)。田中さんの話によると、かつて当地においては、未亡人やバツイチ女性を対象とした夜這いの習慣があり、予め決められたルールに従う形で、その劣情を満たす行為が、日々、行われていたのだという。


「後家さんなんかは、やっぱり体の火照りを抑えられないというか、そういう欲求があるでしょう? 一方、家庭持ちの男というのは、カミさん以外の女は抱けない。だからそういうね、男と女の思惑をですよ、ガッチャンコする形でね、ああいう習慣が生まれたんだと思いますけれども、いかんせん、男と女で言ったら、そういう欲を持った女の方が少ないっていうのは昔も同じことでしてね。だから男たちがですね、もめ事を起こさないように、ああいう目印ができたんだと思いますね、私は」


 もともと「シングル」状態となった一人暮らしの女性が、妻子持ちの男性と性行為を行うことについては、古くから黙認されていたという当地。しかし、肝心のターゲットとなる女性と、それを狙う男性とでは人数差があったことから、当地の人々は、「提灯」を使った目印を活用することで、男性同士がかちあうことを避ける工夫がなされていたのだという。

コメント

1:匿名2018年8月27日 08:54 | 返信

珍しく日本のことであるが、残念ながら詰めが甘いね。
そっちのプロのことだよ、これ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。