奇習! 老女が明かした教科書に記されない「恥辱の歴史」! 終戦直前、将校が“身体検査”と称して女学生を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

kishu1340_02.jpg画像は「Thinkstock」より引用

 終戦を目前に控えた昭和20年のとある春の日、田中さんらが働く工場を訪れたその将校は、彼女たちの保護者でもあり、上役でもある大人たちに“制裁”を与えることで自らの武威を示すと、そこから実際に終戦を迎えるまでの数カ月間、まさに“王様”であるかのような立ち居振る舞いを続けたのだという。


「最初に(その将校から)呼び出されたのは、同じ部屋で寝泊りするSさんという子だったんですけどもね、彼女はその日の晩から、口も心も閉ざしてしまって……そういう子が一人、また一人と増えていくうちに、私もだんだん不安になってきたのですが、そうこうしているうちに、いよいよ、私の番になってしまって……」


“その日”、工場の敷地内にあったという離れた寄宿舎に呼び出されたという田中さんは、その将校から、いくつか簡単な質問をされた後で、いきなり“身体検査をする”と言われ、着衣を脱ぎ捨てて裸になることを強要されたという。そして、その後はわけもわからぬままに、浅黒く日焼けした彼の手によって、自身の未成熟な肉体をまさぐられたのだというが、今回の取材において、我々がその具体的な内容について踏み込むと、彼女はしばしの沈黙の後で涙を流しながら押し黙り、結局、詳しい内容について語ることはなかった。しかし、こうした田中さんの様子を見ていると、その内容はまさに“推して知るべし”といったところと言えるかもしれない。


「どっちにしたってね、私は“あの日”に体験したこと、今までただの1度たりとも、夫や子供にしゃべったことはないんです。もちろん、あなたにもこれ以上、詳しくお話しすつもりもありません。けどね、毎年8月になると、テレビや何かで終戦関連の話題をやるでしょう? ああいうのを見るたびにね、私は思うんです。“そういう話だけじゃないんですよ”って」


 無論、こうした会話が延々と続いてしまったがゆえに、当時、田中さんが見舞われた“被害”について、本稿で述べたことは、多分に筆者の想像が含まれていることも事実であるし、こうした一人一人の体験が、歴史の教科書に記されることは、ここから先もないだろう。現代の我々は、こうした過去の忌まわしい歴史の上に成り立つ美しい国と、そこから先の世にも続くであろう恒久の平和とやらに、いくばくかの光明を見出すより、ほかならないのかもしれない。
(取材・文/戸叶和男)


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

コメント

4:匿名 2018年8月29日 19:16 | 返信

まだ、この作り話シリーズを続けているんだ。

3:匿名 2018年8月28日 21:24 | 返信

個人的には、そういうことがあってもおかしくない時代だったとは思うが、あの朝日新聞の本田某のやらかしした一件以来、裏付けとなる資料、物証の発掘が必須となっているのは事実。これが本当なら、信じるか信じないかは、あなた次第ってレベルの話じゃないんだからさ。だけど、物証っていったって、そんな記録や写真なんか残ってるはずもないし、「証言」がすべてのこの種の話は真偽の判断が難しいのも事実。となると、このライターがどういうツテでこの老女と接することになったのか、なぜ接点を持ったのか、そういう経緯も全部明らかにしてほしいと思うが・・・

2:匿名 2018年8月27日 09:03 | 返信

従軍慰安婦には当然日本人も含まれていたからな
満州に連れられて行った従軍慰安婦は雑用どころか馬賊との戦いにも参加させられたし、流れ弾で死んだ慰安婦に対し「日本人女性を戦で死なせたとあっては恥だ」という考えのもとに中国人の服を着せて野ざらしにした

戦後もそれに報いるどころか迫害し、社会に居場所がなくなった彼女達を今度は米兵の慰安婦にした

1:匿名 2018年8月27日 08:06 | 返信

従軍慰安婦よりずっと問題だろコレ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。