• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
【ガチ速報】幻の「2体目のスフィンクス」がエジプトで発見される! 地下に「ライオンの体に人間の顔」当局公認、伝説が現実に!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 昨年9月、トカナでは「ギザのスフィンクス」には2体目が存在すると報じた(詳細はコチラ)。その根拠となるのが、エジプト学者のバッサム・エル・シャンマー氏の主張だ。シャンマー氏によると、古代エジプトでは二元論的信仰がされており、ギザのスフィンクスの前足の間にある、トトメス四世(紀元前1419年?~1386年?)によって設置されたとされる「夢の碑文」にも、2体のスフィンクスが描かれているという。だが同時に、2体目のスフィンクスは約1000年前に強烈な稲妻に打たれたことで砕け散ってしまった可能性が高いとも語っていた。

 しかし、幻のスフィンクスは永遠に失われてしまったわけではなかったようだ。この度、2体目のスフィンクスらしきものがエジプトで発見されたとのニュースが報じられた。

【ガチ速報】幻の「2体目のスフィンクス」がエジプトで発見される! 地下に「ライオンの体に人間の顔」当局公認、伝説が現実に!の画像2
アルカバシュ道路「egypt today」より引用

 英紙「Daily Mail」(8月9日付)によると、問題の像は古代エジプトの2つの神殿がある都市カルナックとルクソールを結ぶ紀元前1400年に建設されたアルカバシュ道路(Al-Kabbash Road)の地下で発見されたという。建設作業員が偶然発見したそうだ。

コメント

6:匿名2018年9月11日 08:11 | 返信

引き上げる?小さいのか?
狛犬くらいの大きさのスフィンクスならあちこちにあるだろ

5:資本主義は奴隷制度2018年9月11日 04:01 | 返信

「ガチ速報」と詳記してますが、他の予言や新発見などには表記してない
ことから、予言系など、記載する際に編集者自身もあまり信用していない
という事が、この文面から推測されます。

お願いです!いつも「ガチ」の情報をお願いします。

4:匿名2018年9月10日 23:05 | 返信

あ、うん。

3:匿名2018年8月11日 23:18 | 返信

翻訳間違ってますよ。都市名がルクソール、神殿の名前がそれぞれルクソール神殿とカルナック神殿。それにスフィンクスはこれが二体目どころかもっとたくさん発見されています。トップ写真のアルカバシュロードの淵に並んでいる像も全部スフィンクスです。そもそもカイロのスフィンクスとの関連性には触れられていませんし…いくらインターネットとはいえこのような大衆の目に触れやすい場でいい加減な情報をあたかも真実のように語るのは如何なものかと思いますよ!

2:匿名2018年8月11日 10:17 | 返信

もし岩に雷が直撃したら衝撃波で壊れるぞ。
音速を越えたものが衝突するときの破壊エネルギーだから。

それよりトカナ特有の「以前、筆者が報じた通り」とか「どう?予想が当たったでしょ」みたいな自慢がそろそろウザイ。

1:トランプ大統領2018年8月11日 08:32 | 返信

カミナリであんな大きなものが壊れるなんてありえないだろう。
ねつ造じゃないのか?計画がとん挫して作らなかったとか?
もし壊れたら修復して元に戻すはずだし、なんで並んでいるはずのものが地下にあるのだ?
レプリカではないのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。