「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い“時速”…死を操る手がかりにも!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い時速…死を操る手がかりにも!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 死はどれぐらいの速度でやって来るのだろうか? なぞなぞにしか聞こえない問いだが、この度、米・スタンフォード大学の研究者らが客観的な「死のスピード」を明らかにしてしまったというから驚きだ。

 技術系ニュースサイト「Digital Trends」(8月10日付)によると、スタンフォード大学のシステム生物学者であるジェームズ・フェレル博士らが、アフリカツメガエルの卵子から細胞内にある液体状の細胞質を取り出し、数ミリメートルのテフロンチューブに注入。そこに“死の信号”であるアポトーシス(プログラムされた細胞死)を引き起こす実験を行ったという。

 細胞質がアポトーシスを起こすと蛍光色に発光するようにし、細胞の自死を確認しながら、その速度を計測したところ、細胞が死滅するスピードは毎分0.03mm、時速にして2mmほどだということが明らかになったというのだ。

「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い時速…死を操る手がかりにも!の画像2画像は「The Guardian」より引用

 フェレル博士によると、細胞の自死が次々と他の細胞の自死を引き起こす様子は、スタジアムの観客席で起こるウェーブに似ており、類似のパターンは神経パルスや山火事にも見られるそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ