【衝撃】「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い“時速”…死を操る手がかりにも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

【衝撃】「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い時速…死を操る手がかりにも!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 死はどれぐらいの速度でやって来るのだろうか? なぞなぞにしか聞こえない問いだが、この度、米・スタンフォード大学の研究者らが客観的な「死のスピード」を明らかにしてしまったというから驚きだ。

 技術系ニュースサイト「Digital Trends」(8月10日付)によると、スタンフォード大学のシステム生物学者であるジェームズ・フェレル博士らが、アフリカツメガエルの卵子から細胞内にある液体状の細胞質を取り出し、数ミリメートルのテフロンチューブに注入。そこに“死の信号”であるアポトーシス(プログラムされた細胞死)を引き起こす実験を行ったという。

 細胞質がアポトーシスを起こすと蛍光色に発光するようにし、細胞の自死を確認しながら、その速度を計測したところ、細胞が死滅するスピードは毎分0.03mm、時速にして2mmほどだということが明らかになったというのだ。

【衝撃】「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い時速…死を操る手がかりにも!の画像2画像は「The Guardian」より引用

 フェレル博士によると、細胞の自死が次々と他の細胞の自死を引き起こす様子は、スタジアムの観客席で起こるウェーブに似ており、類似のパターンは神経パルスや山火事にも見られるそうだ。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年8月13日 22:46 | 返信

奪魂鬼 魂を引き抜く
奪精鬼 精気を抜き 身体の機能を停止させる
縛魄鬼 生き返らないように 身体を腐敗させる
浮遊霊にならないように ちゃんとあの世からお迎えは来るぞ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。